お気に入りの・・・ロードムービー(グリーンブック) | お気に入りの・・・

お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。

「グリーン・ブック」は第91回アカデミー賞で、作品賞含め3部門を受賞しましたね。
受賞時、本作は物議を醸すことで話題にもなりました。

この話は実話なんです。

人種問題と戦った黒人ジャズピアニスト・ドン・シャーリーのほうが主役であるべきなのに、彼の運転手兼ボディガードを務めたトニー・ヴァレロンガの方が、正義の白人主役として描かれているんですね。

それにしても、僕がニューヨークに着いたのは1970年なので、そのたった8年前にこんなグリーンブックが使われていたなんて驚きです。

 

ロードムービーとして楽しめます。

グリーンブック [DVD] グリーンブック [DVD]
3,069円
Amazon

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップはある日、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが…。

 

カーネギ・ホールの上階に住んでいるドクター・シャーリーと面接するトニー(イタリア系)