お気に入りの・・・加納朋子 | お気に入りの・・・

お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。


テーマ:


短大生の駒子が、瀬尾さん(安楽椅子探偵の体をとっている)のすすめで物語を書きはじめます。
連作短編の形を取り、それぞれの章で疑問として残った事柄が
最後にすべて瀬尾さんによって鮮やかに組み合わされます。
解くことのできなかったパズルが一気に何問もスルスルと解けてしまったような見事な爽快感。

短大生のクラスメイトたちとの会話も楽しい・・・。お薦めです。


「ななつのこ」「魔法飛行」「スぺース」と続く入江駒子シリーズ。
これは第2作目にあたる作品だったんですね。一作目の「ななつのこ」のほうが評判はずっと良いみたいです。早速探しに行こうっと・・・。

もっと気楽に考えればいいじゃないか。手紙で近況報告するくらいの気持ちでね―という言葉に後押しされ、物語を書き始めた駒子。妙な振る舞いをする“茜さん”のこと、噂の幽霊を実地検証した顛末、受付嬢に売り子に奮闘した学園祭、クリスマス・イブの迷える仔羊…身近な出来事を掬いあげていく駒子の許へ届いた便りには、感想と共に、物語が投げかける「?」への明快な答えが。

kouchouさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス