お気に入りの・・・西村寿行 | お気に入りの・・・

お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。


テーマ:

西村寿行は40年以上も前、嵌ったことがあります。この「君よ憤怒の河を渉れ」、や「牙城を撃て」、や「往きてまた還らず」、そして短編ですが、「原色の蛾」なんか最高に面白かった覚えがあります。どれもハードボイルドの冒険ものとでも言えば良いんでしょうか・・・主人公がスーパーマンではないんですが、脱出不可能なところから脱出したり、一度もやったことのないセスナを操縦したり・・・の大冒険です。

でもそれ以降はだんだん面白くなくなっていったような記憶があります。

 

この「君よ憤怒の河を渉れ」は映画になってるんですね。

ずっと以前に高倉健主演のが一つ。

それから、ドゥ・チウ: チャン・ハンユー

矢村聡: 福山雅治

が主演で「マンハント」という題名でリメイクされてるんですね。

矢村聡というのは主人公ではなくて主人公を追いかける立場の刑事なんですね。

でも中国映画なので主人公が違うから話も変わってくるんでしょうね。ちなみにこの映画は今年の2月に公開されたみたいですよ。

東京地検のエリート検事・杜丘冬人は、新宿の雑踏で突然、見知らぬ女性から強盗殺人犯だと指弾される。濡れ衣を着せられたその日から、地獄の逃亡生活が始まる。警視庁捜査一課・矢村警部の追跡は執拗だった。杜丘は真相を求めて能登から北海道へ、そしてまた東京へ。自分を罠に陥れたのは誰なのか。滾るような憤怒を裡に、警察の大規模捜査網をかわし、謎を追い求め続ける。
ハードロマンの代名詞的存在にして著者の記念碑的出世作。
1976年、佐藤純彌監督によって高倉健主演で映画化された。この作品は1979年に『追捕』のタイトルで中国でも公開され、観客動員数8億人を超える大ヒットを記録した。

 

 

kouchouさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス