お気に入りの・・・シャーリーズ・セロン | お気に入りの・・・

お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。


テーマ:

この映画は13年も前に観てブログにも載せました。いつかもう一度観たい映画の一つだったんです。安く売ってたので買って観ました。

邦題で「スタンド・アップ」と書いてあるんですが、NORTH COUNTRYが原題です。

ミネソタ北部の鉱山に主人公が働き始めるんですが、女性蔑視にセクハラ、ものすごいものです。これに対して立ち上がったのが主人公のシャーリーズ・セロンです。初めてのセクハラに対する裁判、及び「集団訴訟」のストーリーです。実話に基づいた話です。1980年代といえば僕がまだアメリカにいた頃の話です。そんなに最近(僕にとっては・・・ですが)でもこんなだったなんて信じられない思いです。

彼女のお父さん役がロバート・ジェンキンスです。良い役どころですね。頑固一徹で、世間の噂どおり、娘(シャーリーズ・セロン)はアバズレだと信じているし、女が鉱山で働くなんてもってのほかとしか考えてない・・・しかし、中途、娘が男どもを相手にスピーチをしようとするんですが、野次や虐めで話もできないようなところで、手を差し伸べるんです。ここは感動ものです。

ところで、ボブ・ディランの曲が数曲使われてます。ただどういう訳か彼の作詞作曲で、同じ所のことを歌ったと思われる「NORTH COUNTRY BLUES」が使われてないんですね。

以前にも載っけましたが、ジョーン・バエズのを載せておきます。

 

ジョージーは夫の暴力に耐えかね故郷の北ミネソタに戻るが周囲の視線は冷たい。二人の子供を養うために男の職場である炭鉱で働くことを決めるが、そこで彼女を待っていたのは露骨な嫌がらせだった…。実話に基づいた、一人の女性が勝訴を勝ち取るまでを描いた物語。シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ほか出演。

両親。ロバート・ジェンキンズとシシー・スペシック

 

 

 

kouchouさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス