アーサー・C・クラークとなれば、読まないわけにはいきません。が、あまり読み物として
ワクワクするような、展開はありません。海や、イルカが好きで、ダイビングが好きで、という人にお薦めです。あ、少年少女向けです。

密航したホヴァーシップが沈み、ただひとり海上にとり残された家出少年のジョニー。彼を救ったのは、なんと一群のイルカたちだった。彼らに運ばれていった先の孤島では、科学者たちがイルカ研究のために暮らしていた。しかも、所長はイルカ語を解し、このイルカたちも人間と意思を通わせることができたのだ。名匠が、大海原の神秘と景観をあますところなく描いた海洋SFの傑作。

AD