お気に入りの・・・

お気に入りの・・・、の続きは、映画、本、文章、音楽、物など何でも入ります。楽しいことばっかり書き込みたいと考えています。


テーマ:

10年に一度は読み返したいタイムスリップものです。10年もたつとどれがどんな話だったのかごっちゃになっていたり、忘れてしまっていたりで、再読する価値はあります。

どれも「扉は常に異界へ通じる」話です。

1冊目はロバートAハインラインの「夏への扉」です。主人公のダニエルがコールドスリープで1970年から2000年まで飛びます。そこでタイムマシンで過去に戻ったりします。裏切られた恋人やパートナーに仕返しし、最後はハッピーエンドです。

ぼくの飼っている猫のピートは、冬になるときまって夏への扉を探しはじめる。家にあるいくつものドアのどれかひとつが、夏に通じていると固く信じているのだ。1970年12月3日、かくいうぼくも、夏への扉を探していた。最愛の恋人に裏切られ、生命から二番目に大切な発明までだましとられたぼくの心は、12月の空同様に凍てついていたのだ。そんな時、「冷凍睡眠保険」のネオンサインにひきよせられて…永遠の名作。

 

 

2冊目はR.C.ウィルソンの「時に架ける橋」です。

森の近くの1軒家からタイムトンネルが50年前のニューヨークに繋がっているんです。1979年の話なので1929年に行けるんですね。50年前に恋人ができたり、タイムトラベラーがいたり、未来からの襲撃者がいたり、結構複雑。

一度は捨てた故郷の町に戻ってきた青年は、人里離れた一軒家で一人暮しを始めた。それは実に不思議な家だった。長年放置されていたのに内装はぴかぴかで、夜間に洗い物が片づいている。夢の中には奇妙な虫たちが現れ…この“幽霊屋敷”の謎を解こうとするうち、彼は地下に隠された秘密のトンネルを発見する。そこを抜けて出た先は…なんと現在ではないニューヨークだった!心に染み入る時間旅行SF。

 

3冊目はピート・ハウトマンの「時の扉をあけて」です。

これも不思議な家から50年前に通ずるトンネルがあるんです。子供のジョンが主人公で50年前の少女とお互い好きになるんですが、兵隊にいったり、記憶喪失になったり、結構悲しい話なんですが、何とかハッピーエンドです。

ここはどこだ? 冬はどこに行った? ある冬の夜、扉を開けた少年が見たものは、心地よい夏の夜の風景だった。隠されていた扉は、五十年前の世界への入口だったのだ。たったひとつの願いを胸に、過去へと旅立った少年が得たものは、哀しみに満ちた運命と、ささやかな青春のひととき。感動のタイムトラベル・ファンタジー。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kouchouさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。