みぽぽんの平和な日々

みぽぽんの平和な日々

てづくり工房minamiのみぽぽんが、自然がいっぱいののどかな街で、のんびり暮らす平和な日々から一転。大都会へ…。
都会の喧騒から逃亡するように、酒と温泉を求めて、ぬいぐるみと旅をする日々です。


テーマ:
6月の長丁場の日記が始まる前に…



ちょいとブレイク


順不同になりますが、7/7 七夕の日記です。
この日はアメブロ仲間の、飯田線秘境駅小和田を愛する人々で開催する、オフ会の予定でした。




だが、しかーーし!!




台風が直撃コース!
三河ブロ友さんからの情報
小和田は丸付近ね。



東京からの参加メンバーは、sigenaさん、sakuちゃん、私、おかぽんさんなのですが…なんせ…


これだもの

事前準備も盛り上がっていたのに、悲しいかな。中止と相成りました…


でもね、せっかくみんな休みをとって、集まれるのだから!と、東京組で温泉に行くことにしたのです♨️


やって来たのは、こんな場所。
このゆるキャラで、わかるかなー
わからないよねー


埼玉県の東武東上線武蔵嵐山駅です
嵐山町のむさし蘭丸くん


駅前からバスに乗ります。
こんな時、旅慣れた男子チームがいると、全てお任せなのでありがたい


バス停から少し歩きます。
少し曇っているものの、雨は降らず。


のどかーーーな雰囲気です。


なんだ!?このオブジェは!?


玉川温泉は、昭和レトロがコンセプトです。ミゼットがお出迎え


中に一歩入れば、受付(左手)も、この通り!昭和な世界


廊下もこんな感じ。二階では、昭和なお爺さん、おばあさんたちのカラオケ大会が催されていましたよ。


浴室には、泥が置いてあり、自由に使える!顔に塗って泥パック
小さいながらも露天風呂もあります。15分に一度、源泉が流れ出て来るらしく…“今、出てるわよ!”と、常連のおばさんが教えてくれました。

源泉は、温度が低いので沸かしています。
なので、ちょっとぬるめでした。泉質も強アルカリのぬるめです


駄菓子屋さんのようなお土産所。


全国ご当地サイダーもズラリ


備品も昭和!こだわっています
昭和のデザインって、色もデザインもポップで可愛いですよね


メニューも、こんな感じですよ。
金魚鉢可愛いなぁ


サワーを注文したしたら、こちらもレトロ何もかも昭和なこだわり


こちらは、おかぽんさんが注文


こんな物も飾ってありました。
さすがに動かないかなぁ?


くつろぎ所からは、傘のオブジェ。
ハンモックや、二階建てベットもありましたよ。しばし、ぼーーーっと。
昭和レトロがコンセプトだから、若い人が多いのかと思いきや、来ている人も地元の昭和レトロな方たちでした 平日だったからかな?


sigenaさんは、近くに宿があるというので、泊まることに。中でカフェもやっているというので、みんなで移動。


ご主人が、道路に出て待っていてくださいました!なんという心遣い

明治43年創業の町田屋旅館さん。
わぉー素晴らしい!!


趣のある素敵な建物です。
手前の緑が大きなサルスベリの木で、花が咲いた時は、二階の窓いっぱいに花が見えるのだとか…



コーヒーとケーキをいただきました。


当日の予約だったので、食事はご用意できませんが…と言われていたのだけれど、お酒を注文。


明治から使っているお猪口
なんという贅沢なのでしょうか


何もないけれど…と、ご自宅で栽培しているジャガイモを茹でてくださいました。
おもてなしが、あったかいなぁ


sigenaさんが泊まるという二階へ。
調度品が素晴らしい。博物館のようですね私もぎりぎりまで、泊まっちゃおうか?と悩んだけど、何も用意しておらず…断念。



己書※を書き置きました。
とてもとても感激して、喜んでくれました。次回はぜひ泊まりたい。
ここで、sigenaさんとはお別れ。


バスはもうないので、八高線明覚駅までてくてくと歩く。
駅間歩きのプロ、おかぽんさんがいるので、私達はついて行くだけあしあと
夜道を歩くのって楽しいしかも、男性がいるから安心ね。


8時明覚駅到着。真っ暗です


八高線明覚駅は、関東の駅100選。木のぬくもりのある素敵な駅ですね。


ちなみに、私電車を止める女でもあるのですが、乗車中に全員のスマホから、緊急地震速報が鳴り響きビビりました
でも、止まらずになんとか帰宅。


小和田オフ会は流れちゃったけれど、東京オフ会楽しめました


※己書とは↓
美保じぞう己書道場 
筆ペンで、字や絵を描く教室です♪


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス