中山七里(著)の「さよならドビュッシー」を読みました。

 

以前この著者の作品を読んでとても面白かったので、この「このミステリーがすごい!」大賞を受賞したという「さよならドビュッシー」も読んでみたくなったのです。

 

読んでみた感想ですが、ピアニストが主人公なだけに、ピアノの曲名がいろいろ出てきて、それを聴いてみたくなってyou tubeで聴いたりしながら読みました。

 

私は以前ピアノを習っていて、ショパンやリスト、ドビュッシーなどいろいろ弾いてきたので分かるのですが、音楽に関する描写がとても丁寧にされていて、イメージを膨らませながら読む事が出来ました。

 

だけどクラシックが好きでない方はその描写がくどくてよく分からないものに感じるかもしれません。

 

なのでクラシック好き、ピアノを習っていたり習った事がある人向きの本だな、と思いました。

 

※ここからネタバレ

 

ミステリーの方は意外な結末にびっくりしちゃいました。

 

まさか人が入れ替わっているなんて!!

 

でもとても面白いな、と思った結末でした。

 

「さよならドビュッシー」というタイトルの意味が最後の最後で分かります。

 

私もドビュッシーの「月の光」は弾いたことがありますが、とても綺麗な曲です。

 

ぜひ作品に登場する数々の名曲をyou tubeでもCDでも何でもいいので聴いてみて欲しいです。

 

そうする事でより一層物語が楽しくなるでしょう。

 

お終い。

 

 

 

↓ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。

 

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ