ヨガマットの活用法 | 奈良市/更年期ヨギーニの忘備録

奈良市/更年期ヨギーニの忘備録

二人目不妊でヨガと出会い、迎えた更年期。こころと体の気づきを日々綴っています。お笑い好きの関西人ヨガインストラクターの忘備録。菖蒲池・学園前・大和郡山でヨガ教室を行っています。


テーマ:

奈良県産の大根、ほろほろ、しみっしみになりました。(´∀`)

筑前煮のような具沢山もいいけれど、最近はシンプルな煮物が好きです♪

 

・・・・なぁんて書いたりして、ほんまはメンドクサイだけ、ははは。

 

お節を作ろうか葛藤中の更年期ヨギーニNaoです。

 

 

 

さて、ヨガブロックのことを書いたので、今日はヨガマットです。

 

ヨガマットを使う理由は

 

床の衝撃から守る緩衝剤

 

直接床で行うより衛生的

 

防寒

 

滑りにくい素材により、安全性アップ

 

などでしょうか。

 

 

私は避難所暮らしをしたことがありませんが、体育館や教室に、ヨガマットがあれば、上記の機能があるので、多少は楽ではないかなというのは、甘いでしょうか。

 

昨日書いたように(「ヨガブロックの活用法」)、ヨガブロックも色々活用できますね。

 

 

 

 

そしてもう一つ、ヨガマットには大事な役割があると思います。

 

パーソナルスペースを確保することです。

 

芋の子を洗うような状態で、隙間なくヨガマットが敷かれている状態がありますよね。

 

見た目、ウッとなりますが、意外に見た目ほど窮屈ではありません。

 

ヨガマットが自分の空間を守り、他者の空間に侵入しないという線引きになっているからです。

 

 

 

 

体育館のような仕切りも何もない場所で、どれほどのストレスがたまるのか、経験のない私には想像もつきません。

 

ただ、マットが少しは役立つような気がするので、持ち運びできる防災袋の中に、折りたたみのヨガマットを入れておこうかなと思っています。

 

 

 

 

 

ちなみに、今はあまりしている人を見かけなくなったけど、子どもが赤ん坊の頃に使ったスリングは、捨てずに防災袋に入れています。

 

簡易のバッグにもなりますし、赤ちゃんがおられるママがいたら、貸してあげられますからね。(^_^)

 

 

 

 

Naoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス