メキシコの真ん中からこんにちは☆こんばんは!

気功師の徳田さんのブログです。
私は現政権支持派ではありませんし、普段の徳田さんのブログでも特に感じませんが、今回の記事は日本の偏った報道に冷静に突っ込まれているので是非シェアしたいと思いました。
というのと、ちょっと意外でびっくり。

みんなマスコミに踊らされないで~!


あと、感染者数も死者数も結局真実は見えないように思います。

感染者数=「感染確認者」数

ですよね?
日本での検査数が少ないのは良くも悪くも捉えられます。←検査に行って感染拡大してるとも言われているから。

「いやいや、死者数は嘘つけないでしょ」
とおっしゃってる方もおられますが、私は幾らでも嘘つけると思っています。
嘘、と言うと語弊があるかもですが、明確にされていない、特定されていない件数もそれなりにあるのではと。

だって、他の病気があって同時期に亡くなった人にいちいち検査しなくないですか?そんな余裕あるのかな?似たような症状があったとしても、逐一してないと思うんですよね。

日本で一年にインフルエンザや肺炎でどれだけの人が亡くなっているのか。そういうことももっと報道すべきで、日本のマスコミは本当に都合の良い切り取り報道、煽り報道だと思います。



新型肺炎が怖いのは、感染から症状悪化が短期間という点ではないでしょうか。
でもインフルエンザも速いのかな?

一応リンク貼りますが、みんなが感染すること(not=発症)で、みんなに免疫が出来ておさまると言うのも驚きですが(理論はわかります)、報道が偏っているという指摘は、武田教授の音声ブログも一読の価値ありです。

ただ、新型肺炎は免疫が出来ない、既存の免疫を弱らせると言う記事も別のブログで目にしたので、どうなのかなぁ。それなら感染は絶対にごめんですよね。



何が真実か、
どう行動すべきか、
私のシェアも逆に混乱させてしまうことがあるかもしれませんが、
いろんな方向から見る(視野を広げてみる)ことも大事だと思います。

どうか焦らず冷静に。