へら専科、スタートしました |   マイペース! マイリズム!

  マイペース! マイリズム!

    
      木次真紀★こつぎまきがお届けするブログです
      ゆるゆると楽しく幸せにイキマショ!

1月号から「月刊 へら専科」での連載が始まりました! 右下に書いてあるのがそれです!

 

「へら女子応援部♪ アナウンサー・木次真紀が初級者から上級者になるまで」

 

いやぁ~、なんともプレッシャーのかかるタイトルです(笑)

まったくの素人で、「へらぶなってどんな魚?」というレベルからのスタートです。名手・田口力也師匠がついていてくださるので、まずは、いうことをちゃんと聞いて、ひとつひとつクリアしていくところから・・・ですね。

 

 

 

初の釣りは、「武蔵の池」に行ってきました!

見るもの、聞くもの、触れるものがぜ~~~んぶ初めてだから、テンションあがりまくりです。なんだか、おじ様たちの中にズカズカ入っていくのは憚られるので、とっても遠慮がちに佇んでおります(笑)

 

 

セッティングは、師匠がすべてしてくださったので、私は、池の前にあぐらをかいて座るだけっ。初心者にとっても優しい力也師匠です(^^)

 

竿をもって、まずは「振り込みの練習」です。13尺(4mちょい)の竿を振って、針をピンポイントの場所に落とし込む練習。なんどかやるうちに、感覚がつかめてきたので、師匠からも「O.K」をいただきました!

 

次に、「エサ打ち」。つまり、餌のつけ方を特訓します。緑色の鳥のエサみたいなもの(匂いもそんな感じ!)を団子状にして、針にくっつけるのです。ちょっとボソボソしているので、しっかり固めてつけなきゃいけないけど、固すぎてもダメ。なぜなら、池に振り込んだ時に、きれいにバラけて、ヘラブナを良いタイミングでおびき寄せなきゃいけないからです。

 

・・・これ、やってみたら一回で分かる説明なんですよぉ、あぁ、やって欲しい!! 私もやってみて初めて理解できましたもの~。 

 

とにもかくにも、この日、7枚のへらちゃんを釣り上げまして、ご満悦! 

 

「立派にヘラ師としてデビューを飾りましたね!」と、皆様に讃えていただいたのでした。奮闘ぶりは、月刊へら専科でチェックしてくださぁい! (^0^)