中林整骨院のブログ
  • 26Sep
    • 生理前になると頭痛が出る患者さん

      毎月生理前になると頭痛が出てきて億劫になるという患者さん。そのたびに薬を服用してごまかしながら生活をしているそうですが、年々薬の効きが悪くなってきたような気がするしこのままではいけないのでは?と思い友人に紹介されて来院されました。身体の動きを診てみると、確かに首の動きも問題があるのですが、明らかに骨盤を含めた背骨の動きが悪くなっています。生理前になると頭痛が出てきた経緯を聞いてみると、出産後よりひどくなっているとのこと。おそらく産後の管理が悪かったためそのまま無理を重ねた結果、このような歪みが強い状態となってしまったのではないかと思われました。まずは骨盤を含めた背骨の整復から行います。初回の施術で一応ゆがみは整いましたが残念ながら長い年月をかけて歪んできたわけなので、1回では治るのは無理です。しかし、この患者さん。きちんと治療前に治療計画を説明して同意してもらったのでじっくり治療することができました。1か月の間に施術をすることで生理前の頭痛もないし、天候不順による頭痛も消失してきたとのことです。状態もよくなってきたので来院間隔を少しずつ空けていきながら定期的にメンテナンスをしていくだけで、よい状態を保つことが可能となってきます。最初は続けて通院していただかないといけませんが、そうすることで今まで悩まされていた症状から解放されるようになってきます。薬で頭痛をごまかしていてお悩みの方は当院までご相談ください。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:生理前になると頭痛が出る患者さん

      NEW!

      テーマ:
  • 19Sep
    • とこちゃんベルトをおススメしない2つの理由

      当院には妊娠中の方や出産後の方がよく来院されますが、多くの方が「とこちゃんベルトを使用しています」ということを言われます。確かにネーミングは覚えやすいですし、簡単に締めることができるという意味では素晴らしいと思いますが、本来の目的である骨盤を固定するという意味ではほとんど効果がないと言わざるを得ません。今回はなぜとこちゃんベルトをおススメしないのかということを説明したいと思います。本来の目的は骨盤環の固定である妊娠中や出産後というのは骨盤を含めた全身の関節が緩んで不安定になります。その不安定な状態で動くことでゆがみがどんどん強くなるので、安定させることができるようにきちんと【固定】しましょう!というのが本来の目的です。そうなんです。ベルトの本来の目的は【固定】なんです。しかし、とこちゃんベルトを巻いている方のほとんどが「動くとすぐずれる」ということを言われます。これでは固定の意味がありません。巻くのであればずらないように工夫してきちんと巻くことが重要となってきます。もう1つの理由もう1つの理由が幅が狭すぎるということです。骨盤のすぐ下に股関節という関節があります。いわば骨盤の支えとなる関節ですね。本来固定をする際にはこの支点となる股関節も一緒に固定しなければなりません。しかし、とこちゃんベルトや市販でよく販売されているベルトの多くが細いタイプが多く、大転子という箇所に巻くのですが、細すぎるために動くとすぐにずれてしまいます。。これでは動いた際に骨盤にきちんと荷重がかからず安定させることは困難です。これら2つの理由からとこちゃんベルトは当院では安定が悪いだけではなく、強く締め付けすぎて捻じれが発生するためかえって不安定が強くなるため中止していただいています。ではどのように固定すればいいのでしょうか?最強の固定方法は【サラシ】を使うことです。巻き方もきちんとした巻き方がありますので、正しく行うことで安定感が抜群に良くなります。寝返り時に腰が痛いという方でも、このサラシを巻くことでたいていその場で軽減・もしくは消失します。難点は巻きなれるのに時間がかかるということですが、覚えておいて損はありません。妊娠中の方は早産の予防にもなると言われています。当院では腹帯指導も行っているので、お聞きになりたい方は当院までご相談ください。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:とこちゃんベルトをおススメしない2つの理由

      1
      テーマ:
  • 11Sep
    • 妊娠中の恥骨痛について

      妊娠中に恥骨が痛くなる方が多いですが、病院に行くと「あまり動かないように」とか「仕方がない」と言われるケースがあります。確かに認人中は日に日に骨盤が緩んでいき広がっていきます。そのため腰痛や膝痛、臀部痛・股関節痛、そして恥骨痛などが出現するケースが多々あります。では妊娠したら恥骨の痛みは仕方ないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。確かに臨月頃になるとある程度仕方のないことかもしれませんが、妊娠中期や後期に子の恥骨痛が起こるというのはあまりよくない状態なんです。先日も妊娠後期(8ヶ月)の方が腰痛や恥骨痛を訴えられて来院されましたが、これは妊娠後期だから痛みが出るのではなく異常があるから痛みが出るんです。実際に子の妊娠8か月の患者さん。寝返り痛やズボンを履く動作、歩行時などに恥骨痛がありましたが、施術後はすべて消失していました。何も消失させたことがすごいのではなく、これだけ歪んでいた!ということなんです。この状態は残念ながら放っておくとまた元に戻ってしまいます。しかし、この状態を安定させる方法があります。それが【腹帯】をきちんと巻いて締め付けるのではなく固定をすることなんです。最近の骨盤ベルトの大半が締め付けるタイプで、このタイプは締め付けている割にすぐずれてしまうので固定の意味がほとんどありません。しかし、サラシはきちんと巻くとずれないし、締めてつけず、動いた時だけ硬くなります。すなわちしっかり固定がされている状態となります。施術をして正しい状態に戻し、サラシで固定をして動くことで、この良い状態が持続します。さらに出産後にも役に立つのでぜひこの腹帯は覚えていただきたいと思います。妊娠中に腰痛や膝痛・臀部痛・股関節痛・恥骨痛などでお困りの場合は、当院までご相談ください。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:妊娠中の恥骨痛について

      1
      テーマ:
  • 10Sep
    • 常に臀部(お尻)が痛くなった妊娠8ヶ月の患者さん

      妊娠8ヶ月で臀部が痛いとのことで来院されました。歩いても痛い・座っても痛い・寝返りも痛いという症状でとにかく一日中痛いとのことでした。妊娠中の臀部の痛みを起こす方は非常に多いですが、これはお腹の赤ちゃんがどんどん大きくなることで骨盤を含めた関節が広がって(緩んで)くるのが原因です。そのため、骨盤や股関節周辺についている筋肉が過緊張し、限界を超えることで痛みを生じます。大きくゆがんでいる骨盤や股関節、背骨を整えていき、そして臀部の筋肉を緩めていくことで痛みの原因が取れていきます。妊娠中はとてもデリケートですので、できるだけ弱い力でソフトに整復していきます。さらに臀部の筋肉を緩めていくのですが、マッサージみたいにゴリゴリするのではなく、筋膜を整えるためにこれまたソフトに施術していきます。骨盤や周辺の関節そして筋膜を整えることで体のバランスが整い痛みの原因を取り除くことができます。すぐに痛みが消失!…とはいきませんが、治療を重ねることでどんどん症状は軽減していきます。出産まで痛みを我慢するのではなく、できるだけ早期より管理することで痛みの出にくい状態を作ることができるし、出産後の生活習慣や安定させる方法も指導することができます。より良い状態を作るためにもできるだけ早期より身体の状態を整えていきましょう。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:常に臀部(お尻)が痛くなった妊娠8ヶ月の患者さん

      テーマ:
  • 27Aug
    • 長期間薬を使っているのに症状が治まらない本当の理由

      よく薬を使っているのになかなか湿疹が治らないという話を聞きます。そのたびに薬があっていないから違う薬にしてみようという話になるものの、一向に治らないという方がいます。ではいったい湿疹の原因は何なのでしょうか。当院は病院でもないし、医師でもないので診断はできません。しかし、体の異常の原因を認定して説明することはできます。私も一時期、原因不明の湿疹が2年ほど出たことがありました。病院に行って血液検査をするものの、「血液検査上は異常なし」という診断を受けました。「では、この湿疹はなぜ起こっているのでしょうか?」と質問をしても返ってくる答えは「原因不明」という言葉だけ。その当時は理解できませんでしたが、やはり医師でもわからないことはわからないんだなーと思いました。そこで自分なりにいろいろ調べているところに、ある内科医の先生との出会いがあり、そこで【分子整合栄養医学に基づいた血液データの読み方】というのを学びました。【分子整合栄養医学に基づいた血液データの読み方】とは何かというと、その人の血液検査上のデータが【理装値であるかどうか】を調べる検査です。たいてい血液検査を行うと異常か異常でないかが検査上数値としてだされます。しかし、この数値が仮に性情を認定されていても、【理想値】かどうかはわかりません。私もこの【分子整合栄養医学に基づいた血液データの読み方】で調べて診るとたくさん異常が見つかりました。そこでこのデータが理想値になるように生活習慣を正していくことで、2年もの間あった湿疹が見る見るうちに軽減してきて、今ではほとんどわからなくなっています。私は医師ではありませんので、薬についてどうこう言うことはできませんし、言うつもりもありません。しかし、薬を飲むということは症状を完治させるわけではなく、症状を緩和させているにすぎないということを知っておかなければなりません。本当の完治とは、根本的に原因を取り除いて、正しい生活習慣を作ることにあります。もしあなたが本当の意味で健康になりたいとお考えであれば、きっとお力になれると思います。度懇意行っても治らなかった症状でお悩みであれば、当院までご相談ください。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:長期間薬を使っているのに症状が治まらない本当の理由

      1
      テーマ:
  • 17Aug
    • 2か月以上首の痛みが引かない妊娠5か月の患者さん

      2か月前に寝違えてから、ずっと痛みや違和感が引かなくておっ困りの妊娠5か月の患者さんが来院されました。なんでも上は向けないし左右に回すことも辛いとのこと。状態を診るために全身の検査を行うとやはり首の動きは明らかに悪い。他にも問題はないか調べて診ると骨盤や股関節にも異常が判明。検査結果を説明してから施術に入ります。妊娠中ですので細心の注意を払って施術を開始。処置後再度動きを確認してみると首の動きは改善していました。本人もびっくり。首の処置をする前に動きの改善が見られました。妊娠中は骨盤を含めた全身の関節がホルモンの影響で緩んでいきます。そこに仕事や生活習慣のストレスっや不良姿勢などが重なって今回の症状が発生したと考えられます。ただ、1回の施術で状態が完治したわけではないので、引き続きこの状態を持続していくためにはしばらく継続的な治療が必要になってきます。残念ながら1回で症状が完治する魔法はありえません。そのためにも最初の検査後に治療計画をきちんと立てる必要があります。あなたのその症状をきちんと根本的に治していくためにも、治療計画を立ててしっかり治療していきましょう。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:2か月以上首の痛みが引かない妊娠5か月の患者さん

      テーマ:
  • 16Aug
    • 夏季休暇のお知らせ

      8月20日(月)~22日(水)は夏季休暇のため休診とさせていただきます。この前後は込み合う可能性が高いのでご予約の際はお早めにご連絡ください。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:夏季休暇のお知らせ

      テーマ:
    • 不妊治療中の患者さんが無事妊娠されました

      不妊治療中の患者さんが無事妊娠されました。婦人科で何年も不妊治療を行うもなかなか妊娠できないため、知人に紹介されて当院を受診されました。最初は骨盤を含めた関節のゆがみや姿勢が悪く、状態を安定させるのが大変でしたがようやく安定してきたというところで無事妊娠されました。とても喜ばしいことですが、まだまだ安定期までは不安定な状態が続くので細心の注意を払って引き続きケアをしていきたいと思います。※不妊治療を受診される方には、直近の血液検査のデーターも持ってきていただき認定しています。血液検査に異常がなくても、検査でわかるのはあくまで異常か異常でないか、だけです。理想な状態を判別するには別の認定方法があります。当院では内科医の指導を受けて理想値の算出方法を学んでいるため、より良い状態に導くことができます。全身のバランスを整え、検査上も理想値に近づけてより良い状態にしていきましょう。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:不妊治療中の患者さんが無事妊娠されました

      テーマ:
    • お盆の帰省中に腰が痛くなった産後の患者さん

      お盆の帰省中、長時間車に乗っていたため腰痛が出現した産後の患者さんが来院されました。いつもなら3時間でつくはずが渋滞にはまり5時間かかったそうです。途中休憩も行ったそうですが、やはり長時間の同一姿勢は体に悪いため案の定腰痛が出現しました。治療をすることで状態は改善しましたが、炎症が強いため完全に消失というわけにはいきませんでした。ここで簡単な痛みの対応としてしっておいてほしいのが患部の【冷却】です。本当は痛みが出る前に行うとだいたいその場で症状は改善してきます。まだまだ暑い日が続きますので熱中症予防にもなるので、一石二鳥。ポイントは痛みが出る前に行うことです。ぜひ参考にしてみてください。■■□―――――――――――――――――――□■■中林整骨院【電話番号】072-255-0102【住所】〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4 ラレックス城ノ山102【営業時間】【月・火・木・金】9:00~13:00/16:00~20:00【水】9:00~13:00【土】9:00~12:00/14:00~17:00【定休日】日曜・祝日・水曜午後■■□―――――――――――――――――――□■■引用元:お盆の帰省中に腰が痛くなった産後の患者さん

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス