こんばんは、霊視鑑定師「小鳥さん」でーす!!!!!!!セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青セキセイインコ青イエローハーツウインクやしの木ラブラブキラキラうさぎ

 

お月さんはお好きでしょうか?今日は七夕なのに、月のお話をするのもナンですが、夜が癒し、という方もおられれば、夜は不安、という方もおられます。

今日は、七夕ではありますが、夜、星が見える地域は田舎…都会では、もう天の川もなかなか見ることができません。

なので、お月様に、お話を少し伺ってみました。

 

「月読命です、こんばんは。小鳥さんのお友達の、ロジエさんのところでメッセージしたので、こちらにも来ましたよ。七夕だけど、夜空は私のところは曇りで月も見えないし星も見えないよ、と言うので…小鳥さん、最近鑑定が辛いのかな?」

 

うん、送りに行くのが辛いのですえーん梱包とか、いろいろ制限があったり、自由な時間に行けなかったりするのがあまり好きではなくて、私は自由にしたいので、家にいるのがいいんです。外に出て、何か用事をするために…というのが苦手です。散歩はしたいときにしたいの。

 

「そうだね。引きこもりというほどではないけれど、家が好きだね。家具や、飾っている写真など、お気に入りのものに囲まれていて、いつも楽しそうにしているね。」

 

うん、それがいいんです。私は家が好き。

 

「空を眺めたり、夜空を眺めるのは好きだね。夜に、龍が飛んでいるのを見るのは好きだね」

 

そうですね、なぜか夜に、龍さんは飛んでいらっしゃいますね。本物の龍神様は少ないけれど、空を飛んでるのは本物なのかな。あんまり審神しないけれども。

 

「本物ですよ。私はちゃんと見えるね?ならいいです。この夜に、何の思いを、込めているのかな?」

 

それそれ、私がぼんやり考えたタイトルだと思うのですが、神様書いてくださったでしょ?夜の思い出って、目を閉じた暗闇の中に、お月さんが見えたらとても安心するの。だから、星とか月、というのは、その人の苦境を随分と助けてくれる光なのではないかな、と思うんです。

 

「それは嬉しいね。私も人を助けることができるのはとても嬉しい。あなたに、嬉しいね、あなたにお会いできて、とても嬉しいです、とお宮さんで言われて、とても嬉しかったよ。」

 

そうですか、あの時は不思議でしたね。サプライズプレゼントもいただいて…私、荒祭宮を、ナンジャこのほこらは、と言って、荒祭宮、と言われたのに違うやん、って怒ってしまって、どうもすみませんえーん

 

「それは、まあ、みんな間違います(笑)怒っても、別に私たちは、理解が難しいから怒るのであって、あなた方が私たちを憎いから怒っているのではないのを知っていますから、別になんとも思わないのですよ。私から、メッセージを皆さんにいいかな?」

 

もちろん、お願いしますラブラブウインク

 

「辛い夜は、月の絵を思い出して。花札でもいいし、写真でもいい。明るい黄色い月がいいです。私が、あなたの闇夜を照らします。誰かが、夜の闇でも、あなたを見守っていることを、忘れないでください。」

 

小鳥 拝

 

現在、霊視鑑定は休養中。プリンターを注文したら、いつになるかわからない取り寄せになってしまいました(笑)プリンターが来たら、また再開しようかな、と思っています。よろしくお願いします。

リキュー、Soleil et Rosier鑑定事務所での鑑定では、鑑定書が必要ありませんので、そのまま購入していただけます。お値段や条件は一緒です。

カスタムオーダーも、現在はおやすみしております。

すみませんが、また再開をお待ちくださいませ。たまに、気まぐれに出品している時があります、その時はTwitterに載せております。

@kotorisannosu

です。よろしくお願いします。