咲き始めが遅かったので、まだきれいに咲いている

アジサイ。アイスブルーが涼しげだと

もくもく入道雲みたいに生けてみました。

 

ところがどうも、座りがわるい。

 

いくら盛りでも、6月の代名詞みたいな花を

お盆前のうだるような陽気の中みるのは

ピンとこないのですね。

 

じゃ、今の花ってなんだろ。

敷地内を1周しました。あった、あった。

 

 

丈がたりなかったりでうまくは活けられなかったけど

 

下の花が左から早乙女草、ヒオウギ、マツモトセンノウ、

ノウゼンカズラ、ヨウシュウヤマゴボウ。

高い花が、スペアミント、オミナエシ、メドーセージ。

 

 (早乙女草は秋には褐色の実をつけ、

  その臭さからヘクソカゾラの名の方が

  有名ですが、せめて花の時期くらい、

  美しい名で呼んであげたい気がします。)

 

 

やはりその時期の花を、

あった時期に活けるのが腑に落ちます。