前回の記事へのコメントに沢山の皆様の


「いつブログを更新するか?」を書いてくださり、


本当にありがとうございます。


やはり、子供がいる方ばかりなので


皆様、お子様が寝ている間に更新してますね。


悪戦苦闘されている人もけっこういて、


「私だけじゃないんだ~」と勇気づけられます。


携帯からも更新したいんですが、


子虎が携帯大好き女なので


こそこそ携帯をいじってもすぐに奪い取られる始末・・・。


結婚して子供が出来ると


独身時代に普通に出来ていたことがいかに素晴らしかったか


実感させられますね。





そんなこんなで2日も更新してなかったら


ランキングめっちゃ下がってビックリです。


更新できなかったのは


新居に引っ越す準備がつまってて


忙しくなってきました。


金曜日はカーテンの打ち合わせ。


クレバリーは


カーテンもサービスに入っているので


けっこう楽なのですが、自分の希望のカーテンをまず選ぶと


案の定、予算オーバー。


5万円ほどアップアップ


するというので選びなおす打ち合わせ。


建築士さんとカーテン業者の方とお会いしました。


我が家はシンプルモダンの家なので


内装も床も白っぽいフローリング、窓枠も建具も壁紙も白で統一。


唯一、部屋のドアだけがダークブラウンなんです。


カーテンの色もベージュや白に統一すれば


家具や小物の色でシンプルにも可愛い系にも遊べると思ったんです。


シンプルモダンの家は色んな遊びが出来るので


リビングとダイニングのカーテンを


縦型ブラインド にすることに。



「そのブラインドの縦線に

一色だけを入れてみましょう!」


とカーテン業者の方が提案。


「いいですね!それ!!」


と、ノリノリなブヒヒブタ



却下!パー


と私の一声です。


クリスマス過ぎたら絶対、空きそうなんですもん。


でも業者さんは赤をサービスで数枚多めに下さるそうです(いい人だ)


「色んな色で試しましょうよ~ラブラブ


カーテン業者さんは遊び心いっぱいでしたが、


「遊ぶのは住んでからにしましょう!


遊びたくなったら声をかけます!」


とかわして来ました。


ブヒヒとカーテン業者さんはしょぼ~ん。。。


同席していた建築士さんは女性で主婦なので


この方は私側について「え~、赤は変だよ!」と


一緒になって騒いでました。


男の人の感覚なのでしょうか・・・


とにかくブヒヒのカーテン業者さんも派手好きです。



本題は予算オーバーの原因になった和室のカーテン。


横型の和紙っぽい生地のブラインドを選んだんだけど


ちょっと高かったようで、選びなおし。


結局、すだれ風のロールスクリーンにしました。


これだと予算内で出来るそうなので。


でも、自分たちの思っていた以上のカーテンで


大満足でした。