開運の季節のおもてなし【南天】を選ぶ意味は? | ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•古都

ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•古都

「未来が見える経営に算命学を」人生も経営も選択という闘いの連続。選択ミスを回避するために、少し先を予測して、どう行動すべきか知って動くこと。生年月日から読み解いたアナタの宿命(個性・持ち味)をもとに手段・方法・考え方を伝える開運ブログです

■難転だから♫




古都センセ

タペストリー変えたんですね

ところで何ですか?

おねがい




あっ!ブログにて

お伝え忘れておりました




▲おもてなし玄関の細タペストリー




年末28日に

「代々長寿」の

お正月飾りの細タペストリーで

おもてなし玄関に変えて




▲「代々長寿」の細タペストリー




松の内の7日を

もって飾り終えまして




翌日の8日から

「白雪南天」にて

おもてなし玄関に変えました



▲「白雪南天」の細タペストリー




季節の細タペストリーで

そのときの季節感を

おもてなしに変えています




いま時期は南天です♡

南天は縁起モノで

着物や帯の

柄にも選ばれています




※南天柄は

冬、お正月の柄として

選ばれています




どうして

オメデタイ♡運を良くする

縁起モノなのか?




難転(なんてん)




語呂合わせの験担ぎからの

南天(なんてん)

なんですね




難(禍い)を転じて福となす

と信じられているから




南天は縁起モノとして

また身を守るモノとして

着物や帯の柄に

描かれているワケです




ちょうどいまどき1月は

季節の変わりめです

そして年の変わりめです!




※年の変わりめとは

立春をもって一年のはじまりと

考えているので

春夏秋冬の四季の土用のなかでも

冬から春に変わる土用が

一番大事。




干支暦でいうと

【辛丑】月になり

丑は五行でいうところの

丑土といって土の気




雑気多し。ザワザワします

しかも年の変わりめで

さらにザワザワです




玄関(土間)は

土の気の場所でもあるので

気を鎮めていただくためにも

南天を選びました♫







判断、選択、決断

(開運の思考法)




おもてなしには

季節感を大事にしていますが




南天を選んだのは

季節の花という

判断基準だけではなく




オメデタイ縁起モノという

判断基準だから♡




選ぶためには

判断基準をブレずに

もっていること!




古都の判断基準は何?




古都の最終目的は

鑑定サロンに

ご来訪いただく方々の




運を変えて

人生そのものが変わること




そのために

ちょっとでも!オメデタイ

縁起モノに触れていただいて

開運できれば嬉しい♡

想いを込めています




運を変えるコツって

ホントいろいろありますが




おもてなし玄関をつくるだけでも

変わっていきますよ




相手を想うエネルギーって

めぐりめぐって

強いエネルギーに変わって

アナタのところへ

戻ってくるから強いんです




と、いまでは知っているから

古都もおもてなし玄関を

つくっていますが




エネルギーがめぐることを

知らなかったときは




靴は出しっぱなし

掃除もテキトー靴箱のなかも

グチャグチャで

片付けゼロ!




人が来るときだけ

焦ってゴマかすという

ポンコツぶり




玄関は家の顔よ!と

教えられてから

おもてなし玄関として変えて

ホント変わりました




さてアナタは

おもてなし玄関をどうつくりますか



運を変えるなら

リアル行動が大事!




だけどリアル行動ができない

アナタを変えるには

まずは自信を取り戻すこと

愛されてますか




愛のホメ出しで

アナタの無限の可能性を

お伝えしてます




ひとりで
悩んで迷って戸惑っている
アナタの話を聴くことから
はじまる、導きの鑑定は



古都とちょっとだけ
繋がりたい方は
LINE公式アカウントから
どうぞ



毎月1日に
心穏やかに過ごす天中殺の日と
開運のちょっとのコツを
配信しています