賛否両論!【東京オリパラの衣装】で日本の運はどうなる? | ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•古都

ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•古都

「未来が見える経営に算命学を」人生も経営も選択という闘いの連続。選択ミスを回避するために、少し先を予測して、どう行動すべきか知って動くこと。生年月日から読み解いたアナタの宿命(個性・持ち味)をもとに手段・方法・考え方を伝える開運ブログです

■貴人の運は無いかな……
 
 
 
 
 
 
気がつけば夏至!
一年でもっとも昼が長い日  
 
 
 
これからまた
ちょっとずつ
夜が長くなっていきますね
 
 
 
人間の諸事情とは
お構いなく自然のリズムは
くずれることなく一定
 
 
 
いつもながら
自然ってスゴイです!
そんな境い目のとき
 
 
 
ふと目についた話は
東京オリンピック
パラリンピックの衣装のこと
※以下、東京オリパラと記載
 
 
 
 
 
衣装が発表されたのは
6月はじめのころ
 
 
 
古都はテレビを見ないから
知らんかったのよ
どうやら賛否両論の激論あり
とっても不評みたい!
 
 
 
デザインされた人の話では
  • 新しい礼服をコンセプト
  • 和装の伝統技術を取り入れる
  • 暑さ対策
  • 洋装の機能性
  • 素材はリサイクル繊維
 
 
らしいのですが……
不評の原因は
 
 
 
日本の文化の美が
感じられない!からでしょうか
 
 
 
気になったコメントが
野良着(のらぎ)です
 
 
 
※野良着とは
田んぼ、畑の作業をする
働く着物のこと
野良仕事をするには最高の服です
 
 
 
では古都から見ると
どうなのか………
 
 
 
うーん、悲しいかな
野良着ですかねぇ
 
滝汗
 
 
 
デザインされた人が
新しい礼服をコンセプト
としていなければ
 
 
 
野良着とは
言葉にしてません
 
 
 
が、新しい礼服を
コンセプトと言われちゃうと
 
 
 
この服装で
オメデタイ席に古都なら
伺う気にはなれませんから
 
 
 
どれほど暑い
真夏の日であったとしても
礼を表すカタチの
服装に整えて伺います
 
 
 
礼とは敬意を表すカタチ
つまり所作や服装や道具のこと
 
 
 
礼服とはまさに
相手に対して敬意を表すための
おもてなしの服装です
 
 
 
 
 
 
開運行動
言葉には意味がある
 
 
 
もしデザインされた人が
新しい礼服をコンセプトにして
なんて言わなかったら
 
 
 
真夏の日に動きやすい
働く人のためを考えて
デザインされたんだなぁ
と……
 
 
 
礼服ではなく働く服として
ちょっとは
評価したでしょうねぇ
 
 
 
でもね、東京オリパラって
国家行事ですから
 
 
 
国と国とがお付き合いする
最高のおもてなしが
求められるときに
 
 
 
働く服、野良着でええんかい?
とも感じるワケです
 
 
 
ところで
なぜ野良着と
言われてしまうのか?
問題ですが
 
 
 
布がね、少ないのよ
 
真顔もやもや
 
 
夏で暑いから
半袖なんでしょうけどねぇ
 
 
 
そのむかし
身分制度・特権階級が
あったときは服装で
身分などがわかりました
 
 
 
布が少ない。
 
 
 
布が少ないとは
身分が低い人たちの証です
 
 
 
イヤな言い方をして
たとえるならば囚人や奴隷は
ツンツルテンの服装です
布が少ない!
 
 
 
布を多く使って
服装を整えることが
できるのは
身分が高い人の証ですからねぇ
 
 
 
ここまで
意味を言葉にして
みなさまが思っているかは
わからないけれど
 
 
 
感覚的に拒絶したく
なるんでしょうね
※奴隷と思われたくないって
 
 
 
時代はめぐり
変わっていくことも必要です
 
 
 
ですが
どれほど時代はめぐっても
変わらないことが必要で
 
 
 
変わらないことで
生き残ることができる
場合もあります
 
 
 
誰もに憧れられる
伝統や文化とは
一朝一夕では築かれませんから
 
 
 
古都だったら
どうデザインするかしらね
 
真顔?
 
 
色合いは
ジャパンブルーで
とってもステキなんですよ
 
 
 
染めに…こだわったと
書いてありましたから
 
 
 
半袖なのは夏だから
そのままですが
せめて足元を隠しますね
 
 
 
女性のワンピースの丈を
くるぶしまでの長さにして
 
 
 
男性のパンツは
袴(はかま)を思わせるように
ダブダブのパンツにして
布をたっぷり使いますね
 
 
 
まあ、あとは
サンダルにはしないかな
 
 
 
オシャレは
足元からっていうし
足元を見るなんて
言葉もありますからね
 
 
 
言葉には意味があり
物事すべてに意味があります
 
 
 
新しい礼服とするならば
 
 
 
礼服とは何なのか
礼服には何が必要なのか
礼服の時代背景は何なのか
意味を知ることです
 
 
 
うーん
若いデザイナーさん
だったから
 
 
 
そこはスルーだったの
かしらねぇ
 
 
 
てか、選考人は
歳重ねた大人よねぇ、、、
日本の大人力が落ちてるのか
残念だわ
 
 
 
日本の運は
算命学の時代論では
ちょうど庶民の運が高まってます
貴人の運は難しい…
だからこそ礼が大事なんですよね
 
 
 
さてアナタは
礼を尽くすとするなら
何を着ますか
 
 
 
 

アナタの運について

不安や心配ごとなど

ございましたら

古都にご相談くださいませ

 

 

 

モノは考えよう

考え方ひとつで!

かならず運は変わります

 

 

 

お問合せはこちらをクリック