冬の土用の未の日に食べる旬なモノは? | ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•占い専科古都
新型コロナウイルスに関する情報について

ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•占い専科古都

「未来が見える経営に算命学を」人生も経営も選択という闘いの連続。選択ミスを回避するために、少し先を予測して、どう行動すべきか知って動くこと。生年月日から読み解いたアナタの宿命(個性・持ち味)をもとに手段・方法・考え方を伝える開運ブログです

丑の日ではなく未の日だから



今日は
冬の土用の未の日です



「ひ」のつくモノか
赤いモノを食べて



冬の気を弱め春の気を
受け入れるために
準備をします



開運するなら
縁起かつぎも大事♫



ということで
いまが旬の「ひらめ」を
食べたかったんですが



ひらめくん♡に
振られたので………真顔タラー



▲赤いイチゴに、ひじきの煮物で
縁起かつぎ♡です



イチゴは露地栽培なら
旬は5月までで
本来は「春」の食べ物
ですが……



人工的に冬をつくって
春だと思わせて実らせる
ハウス栽培では
いまが旬!



美味しいイチゴを
食べながら
自然に逆らってるなぁ
と、しみじみです






算命学の考え方
自然界に属するモノは
自然の法則に従う



旬を人口的に
つくってしまうのは
自然の法則から外れること



と、知りながらも
こうして美味しいイチゴを
いま食べております



ホント
人間は業が深く欲が強い
イキモノです



自然に生かされて
生きていることを忘れて
生きてますから



ときどき、自然から
何かしらのメッセージを
もらってアタリマエです



コロナのことを
よくご質問いただきます



算命学で
コロナのことは
わからなかったのかと



コロナについては
わかりません



算命学は
予言するモノでは
ありませんから



大きくいえば
日本の運気は
陽の時代に入り東方から
南方の時代に変わっています



リアルを重ねあわせて
考えていくと



導きのワードである
個別、流通、サービス、無形
についての事象が
多くあります



ビジネスにおいて
運をつかみ
運の良い人になるためにも
運気にご注目くださいませ



今年の運気は
干支「辛丑」からわかります



庚子よりは
辛丑はさらに厳しい運気
だからこそ慎重に
物事は進めていくことです



運気について
お困りごとがございましたら
算命学をご活用くださいね