算命学で読む!2020年【子年】の運気は? | ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•占い専科古都

ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•占い専科古都

「未来が見える経営に算命学を」人生も経営も選択という闘いの連続。選択ミスを回避するために、少し先を予測して、どう行動すべきか知って動くこと。生年月日から読み解いたアナタの宿命(個性・持ち味)をもとに手段・方法・考え方を伝える開運ブログです

■子年の運気ワードは
「おわり」「はじまる」「ふえる」



▲広島、基町クレドまえの
クリスマスツリー
インスタ映え?羽根のまえで
撮影する人多いですね



さて12月になると
来年1年間の運気や流れを観る
年運鑑定のご依頼が
はじまります



もちろん今年も!
早い方では10月からの
ご予約をいただきました



で、ご質問を
いただいたのですが



年運鑑定を受けると
どうなりますか?



目線がわかって
目的と目標がハッキリします!



年運鑑定では
その年の
運気(運のエネルギー)を
ご説明いたします



運気(運のエネルギー)は
干支(かんし・えと)から
判断します






そもそも干支は
生命消長の循環過程



四字熟語ばかりなので
ちょっと「ひらがな言葉」で
いえば



命(エネルギー)が
大きくなったり
小さくなったりする変わりゆく
さまを分けた単位のことを
干支といいます



干支からエネルギーの
状態がわかるのです



エネルギーの状態から
どこに目線を向ければ良いのか
わかるので



アナタにとっての
その年1年間に集中すべき
目的意識が高まります



目的意識が高まれば
1年後の目標達成も決まり



つまりは毎月ごとの
目標も決まってくるので
いま!何をすべきか!
ハッキリしてきます



エネルギーを無視して
目的と目標を決めても
運は悪くなりませんから
ご安心くださいませ






でも



運の良い人ほど
運気(運のエネルギー)に
逆らうことなく



運気を上手に受け止めて
行動なさっている方が多いです



気がそぞろ



気がそぞろとは
まさに運気を無視したときに
起こりやすいですね



あちら、こちらに
気が向いてしまって結果
何にもならない!



1年間を楽しく!良い!
結果を求めるならば
気がそぞろにならないように



しっかり
運気(運のエネルギー)に
注目することも
ひとつの方法です!



そんなワケでして
来年の運気を
まずはご説明してからの
アナタの運気をお伝えします



来年の運気とアナタの宿命が
どう影響しあうかで
アナタの運気がわかります



アナタの運気とは
アナタの運のエネルギーであり
アナタの「はこぶ」エネルギー
ともいいます



運は
軍隊が進む道のことであり
「はこぶ」「めぐらす」ことです



どんなエネルギーを
アナタが!はこぶのか?



まあ、そうなんですけど
来年の干支【庚子】の運気!



今年に続いて
なかなかに難しいとも
いえるかしら



子(ね)年は
「おわり」と「はじまり」を
意味しますからねぇ



そこが
開運ポイントになりますね






開運行動
正しく動く!
すぐ動く!早く動く!




運の法則でも
運命は動きのなかにあり
とあるように



動く!



アナタの運命は
アナタが動くことから
はじまります



同じ動くなら
すぐ動く!早く動く!ほうが
良い結果になりますし



言葉の意味を知って
早く動くほうが
良い結果になります



子(ね)年
庶民に伝わりやすいようにと
動物のネズミに
当てはめていますが



本来の意味は
「おわり」「はじまり」であり
「ふえる」という意味があります



さて何をおわらせて
何をはじめて何をふやすのか?



ちょっと
考えてみてくださいませ



子年→ねずみ年と思って
動物のネズミのような
年になるのかと
思わないでくださいね



チューチューと
ウルサイ年なワケでは
ございません



【まとめ】
年運鑑定では
まずは年の運気から判断



2020年の運気は
「おわる」「はじまる」「ふえる」



アナタにとって
おわらせてはじめるモノは?
また、ふやしたいモノは?
考えてみてくださいね