【ご質問】禁忌をしたら!大変な結果になりますか? | ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•占い専科古都

ひとり起業•経営者の不安と迷いを解消!7000人のピンチをチャンスに変えた開運戦略•算命学鑑定@広島•占い専科古都

「未来が見える経営に算命学を」人生も経営も選択という闘いの連続。選択ミスを回避するために、少し先を予測して、どう行動すべきか知って動くこと。生年月日から読み解いたアナタの宿命(個性・持ち味)をもとに手段・方法・考え方を伝える開運ブログです

【お答え】禁忌の判断はどこからですか

 

 

 

 

 

 

算命学では

西暦(もしくは和暦)を使わないで

干支暦(かんしれき)を使って

宿命判断をしています

 

 

 

(こよみ)

慣れ親しんでいるために

暦について

ご質問をよくいただきます

 

 

 

ちょっと大人の雑学

今日って何の日シリーズからです

 

 

 

たとえば5月17日の

今日は【いなりの日】です

17日の1(い)7(な)にかけているようで

毎月17日は【いなりの日】

 

 

 

いなり寿司の

材料を製造販売している

株式会社みすずコーポレーションさんが

制定なさったそうです

 

 

 

そんな感じで

毎日何かしらの日ってことですね

今日は何の日サイトこちらから★

 

 

 

オメデタイことや

ゲン担ぎが好きな日本の

国民性を物語っているなと

感心しておりますハート

 

 

 

上矢印上矢印上矢印

そのゲン担ぎといえば…

暦本に載っている

暦注下段(れきちゅうげだん)

 

 

 

迷信的なことも多くて

政府から過去に禁止令が出ています

 

 

 

明治5年11月9日

太政官布告337号にて論告し

11月24日の布告をもって

禁止したとされています

 

 

 

1万円札の

肖像画にもなっている

福沢諭吉さんもね

 

 

 

「日の吉凶」について

否定的な文面を残しているようですね

 

 

 

で、3回くらい

発禁されたようですが…

国民性のためか

暦に欠かせなかったようで

結局、生き残りました!

 

 

 

で…前置きが長くなりましたが

 

 

 

ご質問の5月16日の

今日は何の日についてですが…

5月16日の何の日はこちらから★

 

 

 

古都からすると

正確かつ精確が抜けています!

 

 

 

 

 

 

まず第一に

江戸時代に決められた日は

旧暦で判断すべきです

 

 

 

理由は江戸時代は

旧暦(天保暦)を使っていたから

 

 

 

天保暦

明治5年12月2日まで使われて

(この日が西暦で1872年12月31日)

 

 

 

明治5年12月3日をもって

明治6年1月1日に改められました

(この日が西暦で1873年1月1日)

 

 

 

つまり…江戸時代に

5月16日に決めたとするならば

旧暦の5月16日ですから

 

 

 

2019年6月18日のことです!

 

 

 

また根本から考えると

暦注下段にもある

物事を行うべき日ではない

 

 

 

往亡日(おうもうにち)から

撰日されているようなので

※遠出・移転・転職・婚礼はダメな凶日

※1年間に12日ありますよ

 

 

 

5月の往亡日は

4月節の立夏から8日目ですから

5月13日です

 

 

 

つまり…5月16日の

今日は何の日に制定されてますが

正確で精確には違うんです!

 

 

 

だから安心してください

アナタのご自由になさってくださって

大丈夫ですよ

 

 

 

 

 

 

開運の極意

イメージが運をつくる

 

 

 

1日のうち半分以上の

時間を使ってイメージすると

アナタの願望だと

自然の法則は理解するので

 

 

 

 

禁忌をやぶると

大変なことになる!

 

 

滝汗 なんて……

 

 

 

悪いイメージは

絶対しないでくださいね

 

 

 

迷信が迷信に終わらずに

大変な悪い結果をつくってしまうのは

 

 

 

アナタの

イメージするチカラが大きく

1日のうち半分以上の

長い時間を使ったためです

 

 

 

 

 

 

そんなワケですので

5月16日はご自由になさっても

大変なことにもなりません

 

 

 

ちなみに…

2019年5月16日の暦注によりますと

天恩日(てんおんにち)

吉事には良い日です

(過ぎた日をいうのもオカシイですが)

 

 

 

算命学では

夫婦の和合が一番の吉事

としております

 

 

 

どうぞご夫婦

仲良くお過ごしくださいませキラキラ

 

 

 

 

 

算命学がはじめての方へ

■サクッとブログ鑑定(条件付き無料)
ブログ鑑定のご依頼方法はこちらから
■アナタの干支と天中殺は?
アナタの干支はこちらから
■今日の運命は!Twitter から配信中
Twitter フォロワー登録お待ちしています

 

 

算命学鑑定 古都

■気軽にお問い合わせください
鑑定メニューはこちらから
■算命学鑑定 古都
ホームページはこちらから