算命学で考える!我(が)が強いのではなく己(おのれ)があること | ひとりで悩む起業経営の個性の強みと自信を作る!!7000人を開運に導いた算命学鑑定@広島・占い専科古都

ひとりで悩む起業経営の個性の強みと自信を作る!!7000人を開運に導いた算命学鑑定@広島・占い専科古都

親や兄弟姉妹、知人友人に話せない
ひとりで悩むよりも話してスッキリしてみましょ
失敗は人生を美味しくするスパイス★スパイシーな開運ブログです


テーマ:

芯をつくることが大事

 

 

 

 

 

 

最近、多い

お悩み相談のまとめです

 

 

 

 

自分を

見失ってしまいます

どうしたら良いですか?

 

 

ショボーンアセアセ

 

 

なるほど…

ところで自分って何でしょうか?

 

 

 

自分を調べてみると

(反射代名詞)

その人自身、おのれ

と、説明があります

 

 

 

開運の極意でもある

彼を知り己(おのれ)を知る

 

 

 

自分=己(おのれ)

 

 

 

己も(反射代名詞)であり

自分自身、自分です

 

 

 

もうひとつ似た言葉で

我(われ)も(反射代名詞)になり

自分自身、自分です

 

 

 

自分=己(おのれ)=我(われ)

 

 

 

すべて同じ意味になりますが

ちょっとナナメから

算命学的に考えてみます

 

 

 

 

 

 

己=我なのか?

 

 

 

我(が)であれば

意志や考えを言い張って

相手の言葉に従わないこと

わがまま、とあります

 

 

 

我が強いとは

まったく相手の言葉に

耳を傾けることなく

自分の考えを変えないこと

 

 

 

己(おのれ)を

漢字の字義からみると

筋道を通すことです

 

 

 

自分自身のなかに

筋が一本あるのか?ないのか?

 

 

 

己(おのれ)があるとは

自分自身のなかに

一本の筋があること

 

 

 

己(おのれ)我(が)

 

 

 

お悩み相談の

自分を見失ってしまう…とは

己(おのれ)がなく

筋も何もない状態になっています

 

 

 

それなのに…残念なことに

我だけは強いんですね

 

 

 

 

 

 

アナタの筋道は

どこにありますか?

どの筋道を通したいですか?

 

 

 

我(が)を通すのでもなく

己(おのれ)を通す

 

 

 

似ているような言葉でも

実は違う言葉

 

 

 

さて…己(おのれ)を

見つけるために

具体的にどうすれば良いのか?

 

 

 

根拠のない自信を

もつことです

 

 

 

image

▲こちらの本にも書いてあります

 

 

 

もちろん

根拠のある自信でも

大丈夫ですが!

 

 

 

根拠のない自信でも

大丈夫ってこと

 

 

 

とにかく自信をもって

自分はこうだーーーーって

言えるモノがあることが

一番です

 

 

 

根拠のない自信もない?

大丈夫です

見極めの達人

古都にお訊ねくださいませ

>>鑑定などのお訊ねはこちら★どうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

鑑定サロンの詳細はコチラをクリック▼ 

お問い合わせはコチラをクリック▼

NJE☆

開運の心構えを作る算命学鑑定士の古都さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス