【運】の花を開かせるのも工夫が必要です | ひとりで悩む起業経営女性の個性の強みと自信を作る!!7000人を開運に導いた算命学鑑定@広島・占い専科古都

ひとりで悩む起業経営女性の個性の強みと自信を作る!!7000人を開運に導いた算命学鑑定@広島・占い専科古都

親や兄弟姉妹、知人友人に話せない
ひとりで悩むよりも話してスッキリしてみましょ
失敗は人生を美味しくするスパイス★スパイシーな開運ブログです


テーマ:

玄関は鑑定サロンの顔

 

 

 

トイレ掃除と同じくらいに

気を遣うところです

 

 

{E3B6C434-0295-4892-8D86-28ED219E6E92}

▲ご来訪くださった方が写真に撮ってくださいましたよ

 

 

 

見事なカサブランカでしょラブラブ

 

 

 

▲こちらがいただいた当初です

 

 

 

カサブランカの

つぼみも入った素敵なアレンジメントラブラブ

 

 

 

つぼみから咲いて

最後の最後まで楽しませたくれた

カサブランカでした

 

 

 

カサブランカの

アレンジメントをくださったのは

オランダ国際ライセンスを持つ

ふじとも先生くわしくはコチラから★

 

 

 

ふじとも先生ラブラブ

ありがとうございますキラキラ

 

 

 

 

さて…花が開くといえば

念じるところに花が開く

といいますよね

 

▲花が開く…このワードに
蓮の花を連想してしまうのは

ワタクシだけでしょうか

 

 

 

 

アナタの想いは
何処にありますか?

 

開運の極意

 

念じるところに花が開く

 

 

 

念じるとは

実現するように

強く想い願うことです

 

 

 

誰しも実現できるのであれば

強く想って願いますよね

 

 

 

ずいぶん前に

ブログ記事にも書きましたが

強く想って願うことも

大事です

 

 

 

開運…運を良く開くためには

アナタの強い想い願うことが

一番必要なのです

 

 

 

だからこそ

心を何処に置くかで

花が開くのが早いか決まります

※ブログ記事は⇒コチラから★

 

 

 

今に心を置くと

花が開くのが早くなりますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

心はとっても自由だから…

 

ところで…

なぜ今に心を置くことが

大事なのでしょうか

 

 

 

実は心は

過去・現在・未来

瞬時に広い時間帯を

飛び回ります

 

 

 

心を放任することなく

おさえつけて今だけを

考えると…

 

 

 

余計な過去や未来を

考えることなく今現在にだけ

考えることが出来ます

 

 

 

すると…

過去を悔やむこともなく

未来を心配することもなく

心が安定して過ごせます

 

 

 

 

アナタなら

 

 

 

もう戻っては来ない

過去を振り返り悔やんでばかりの

一日を過ごしたいですか

 

 

 

それとも起きてもいない

未来を想像して不安になりながら

一日を過ごしたいですか

 

 

 

開運の極意の中でも

念じるところに花が開く…は

個人的にとても好きです

 

 

 

今だけを常に

想って行動するなんて

これほどシンプルな言葉は

ありません

 

▲床の間の百合がお知らせのようにポンポン咲きました

 

 

 

相手の裏をかく。相手の裏を読む。

こんなことを垣間見ると

人間関係の煩わしさを感じますねぇ

 

 

 

今に心を置いていたら

そんなことにはならないと

思うのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

開運の心構えを作る算命学鑑定士の古都さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス