画期的新商品の Web原稿をどう改善したか? | 福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家の視点。NEO

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家の視点。NEO

明太子日本一のふくや様から直接指名受注し、高くて売れなかった最高級品のブレイクに貢献。
優れた商材なのに売れない企業のため、コピーライティングを中心に、
ブランディングにつながるマーケティングを支援!
(福岡商工会議所にてマーケティング講師歴あり)

どーも!
福岡市の公式行事で受賞した社長に
全クライアントを代表して
PV出演して頂いた
マーケティングコピーライター、
言ノ葉家です。

 

   福岡のマーケティング

 

 

 

家具の聖地・大川で何度も表彰された老舗家具メーカー の社長から

依頼された案件 の初回案を送ったところ、   

 

読んでいてとても楽しかったです。   

 

と、まずまずの評価をもらえた件…。 

 

読破率を上げるため、重複部分をカットして良かった。 

  

読者感情を引き付けるため、滑らかな文脈になるように

 「段落シャッフル」して良かった。  

 

 「嘘・大げさ・紛らわしい」を避けつつ、 購買意欲を煽るため、

既存の競合商品の「よくある不満」を 掘り下げて良かった。  

 

 「素材に関する専門的な話は、ユーザーメリットの裏付けであれば

説得力が上がり、 “価格に見合った価値”が伝わりやすくなるが、

反面、一般人にとっては難しい話になり、 “読む負担”が増え、

離脱されやすくなる」ことを踏まえ、 そのサジ加減を熟慮して良かった。

 

読破率向上のため、ビジネス情報誌などでよく使われる“謎残し”を

小見出しに使って良かった。 

 

景品表示法よる行政指導が入る手前の、 寸止めライティングでアピールして良かった。 

 

一般消費者に対しては難し過ぎる、専門的な訴求点は、 

「自ら知らせて誠実な企業姿勢をアピール」するよりも、

 「情報を絞り込んでユーザーメリットを記憶に焼き付けるためにカット」

して良かった。 

 

ラストセンテンスの情緒的インパクトを引き上げるための伏線として、

小見出しの後にサブコピーを加筆して良かった。 

 

最後に、 将来のエコビジョンをただ提示するだけでなく、 

Web会社だけを制作パートナーにしてもできない

企業ブランディングに、少しでも貢献すべく、

読者感情を限界まで引きつけるため、 

余分な言葉を削ぎ落として整えて良かった。   

 

…ただ、 心の底から「良かった!」と思えるのはもちろん、 

           売上貢献度を評価された時ですがね。。。

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★ 


<ブランドスローガン>

言ノ葉家的動画劇場>  

 

<依頼主の声 一覧>

 

商材を知り尽くしたあなたが

(セールスライティングを含む)コピーライティングを

担当しても広告効果が乏しいなら…


▼▼▼
▼▼

言ノ葉家的1コインコンサルのご案内​

 

福岡のマーケティング

 

自社のチラシ・DM・Web・LPを早急に改善したい方のホットライン

▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼

kotonoharb48@gメール

or

080(7707)1833