コピーライターを目指すまで。 | 福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家の視点。NEO

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家の視点。NEO

福岡のマーケティングコピーライター・言ノ葉家です。
明太子日本一のふくや様から直接指名受注し、不調商品のブレイクに貢献。
万全のSEOでも売れない企業のため、コピーライティングを中心に、
ブランディングにつながるマーケティングを支援!
(Zoom対応)

どーも。

福岡でマーケティングにちょっとうるさくて

国家的ビジネスプラン発表会(の九州予選)

セミナー講師もやったコピーライター、

言ノ葉家です。

 

 

 

とある読者から

、「コピーライターを目指すまでに原体験があれば知りたい」

と言われたので、そんな大したもんじゃございませんが、

年表式で書いてみました。
 

<197X.9.9.>
愛知県の中途半端な街に生まれ、誠の名を授かる。

(姓名判断の総画数が、なぜか「幸福の科学」の大川隆法と並ぶ・・・。)

<小二>
作文が評価され、「お昼の校内放送」(懐)で読み上げることに。
ところが、
自分より前に読んだ児童が、放送委員の予想を遥かに超えて噛み倒し、時間がなくなり、無駄に緊張しただけで教室に帰される。
(「先の読めない豊田劇場」を薄っすらと予感する・・・。)


<小三>
 「お楽しみ会」で桃太郎をモチーフにした劇をやることに。
そして
脚本・演出もこなして大盛況となるが、自分が演じた「ばぁさん」が主役以上に目立ってしまい、翌日非難ゴーゴーとなる。(涙)

<中一>
 「ルーキーズ」の序盤のような、荒んだ卓球部に入る。

<中三>
新入生勧誘イベントで歯の浮くようなスピーチを披露。
一言目でドン引きしていた全校生徒も最後は納得してくれたらしく、

終わった時にはその日一番の拍手が起こる。
そしてタモリの影響で「根暗スポーツ」と呼ばれた時代でも

「第一希望/卓球部」の生徒が第二希望へまわされることに。。。
 

・・・言葉で人が動く様子を、初めて目の当たりにする。


<高校時代>
卓球部に入るが、またも指導者に恵まれず、絶望するが、

自分で練習メニューを開発するなど、創意工夫と努力の末、

かろうじて1度だけ、県大会へ出場する。

また3年の文化祭では「日本初!ツーバイフォーの犬小屋」という

キャッチフレーズとともに、

はりきって犬小屋を売ろうとしていた先生に対し、

「先生、この場合の『日本初』って

“日本全国どこにでもある日本初”の中の『日本初』ですよね」

と水をさし、意気消沈させる…。


<18歳>
一度は健全な環境で選手生活を経験してから引退したい。

でも団塊Jr.世代の歴史的倍率を抜けて入れる大学はない。
かといって実業団で卓球をやることを目的に仕事を選ぶ気にもなれない。
・・・一瞬、人生に悲観しかけるが、

「月刊 卓球レポート」のインカレの記事に専門学校があったことを

思い出し、資料請求して入学する。

<19歳>
各県トップクラスの実力を持つ同級生達に囲まれ、

恵まれた選手生活を送る。
日頃の練習の精度を上げるための卓球日記が、

いつしか人間観察日記に変わって行く。。。

<20歳> 
空気とリンゴが美味しかった長野県の専門学校を卒業し、地元に帰る。
「後を継いだ方がお前のためだ」と言われ、大工の修行に出る。
「やめた方がお前のためだ」と言われ、それをやめる。(恥)

その後、前向きな転職(※)にこだわり、

自分に出来る仕事の中で最も難しいと思われるコピーライターを目指す。

※日本に何万人もいる大工になれなくても、その後、          

 数千人しかいないコピーライターになれれば前向きかな?と。。。

 

 

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★★★ 


<ブランドスローガン>

言ノ葉家的動画劇場>  

 

<依頼主の声 一覧>

 

商材を知り尽くしたあなたが

(セールスライティングを含む)コピーライティングを

担当しても広告効果が乏しいなら…


▼▼▼
▼▼

言ノ葉家的1コインコンサルのご案内​

 

 

自社のチラシ・DM・Web・LPを早急に改善したい方のホットライン

▼▼▼▼▼
▼▼▼▼
▼▼▼
▼▼

kotonoharb48@gメール

or

080(7707)1833

※出れない時はお気軽にメッセージを。