ライラの冒険 黄金の羅針盤

テーマ:

製作が「ロード・オブ・ザ・リング」と同じニューラインシネマということで、

両者を比較してしまうが、

最も良かった点は、上映時間が2時間以内だったこと。

最近のファンタジー、大作は長すぎる。

2時間前後が私には丁度良い。


三部作の一作目。

単体では評価しにくいですが、

大河ドラマのダイジェスト版のような印象。

旅の目的、ポジションがボンヤリしてしまっている。


"ダイモン"、"ダスト"、"パラレルワールド"、

"教権"、"ゴブラー"、"真理計"

導入部分で設定、説明が多く、

なかなか理解できないまま話は進んでしまう。

オフィシャルサイト等で補填しておかないと厳しい。


とは言え、本作だけでは片付かないことが多いので、

単純に映像を楽しむことが望ましい。


“ダイモン”(守護精霊)

人の魂が動物の姿をして共に行動する存在

子供のダイモンは、その時々で目まぐるしく変化する。

その際の視覚的効果は素晴しかった。

(ダイモン占いによると、私は「ミサゴ」でした)

コールター夫人を演じるニコール・キッドマンの存在感は凄い。

このキャラが物語を左右するのは容易に判る。


ライラの冒険 黄金の羅針盤 公式ビジュアルガイドブック/ブライアン・シブリー
¥2,625
Amazon.co.jp

映画「ライラの冒険-黄金の羅針盤」オリジナル・サウンドトラック/アレクサンドル・デプラ
¥2,500
Amazon.co.jp

ロード・オブ・ザ・リング スペシャル・エクステンデッド・エディション トリロジーBOX セット
¥33,500
Amazon.co.jp