「頭文字D THE MOVIE」

テーマ:
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE プレミアム・コレクターズ・ボックス (初回限定生産)

「頭文字D THE MOVIE」

しげの秀一の同名人気コミックを、

「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督によって実写化。


カーアクションシーンなどは、よく出来ているのだが、

“走り屋”に興味がない私にとっては、乗り切れない作品だった。

レースシーンは、CGでは出せない、

実車を使ったアナログ感がド迫力の映像を生んでいる。

原作は未読だが、ストーリーは微妙。


藤原拓海(ジェイ・チョウ)は、

知らぬ間に父親(アンソニー・ウォン)から

ドライビングテクニックの英才教育を受けていた。

「巨人の星」のような、いまどき珍しい昭和テイスト満載の家庭。


日本で撮影されたが、

主要キャラでは、茂木なつき(鈴木杏)以外は、

台湾と香港の俳優が演じて、

セリフは吹き替えされた摩訶不思議な作品。

拓海の友人・立花樹(チャップマン・トウ)が画面に出ると、

香港映画色が強くなる。

他のシーンでは、あまり違和感は感じなかった。


頭文字D THE MOVIE 公式ビジュアルBOOK
サントラ, Ghost Style, Ghost Style&アレックス・チョイ, アレックス・チョイ, Ghost Style feat.フィオナ・ファン
頭文字[イニシャル]D THE MOVIE O.S.T + DVD(仮)