サマータイムマシン・ブルース コレクターズ・エディション

「サマータイムマシン・ブルース」

「交渉人 真下正義」から間髪いれず公開された本広克行監督の新作。

先程、レイトショーで鑑賞。

 

とにかくオモシロすぎる。

映画館でこんなに笑ったのは久しぶり。

単なるドタバタ劇といわれそうだが、こういった作品はツボ。

本広監督の地元・香川県を舞台に撮影された映像はどこかノスタルジック。

 

暑い夏の日、大学の「SF研究会」部室に突如表れたタイムマシーン。

いまさらタイムマシーンで何をするの?...

キャストに;瑛太、上野樹里、佐々木蔵之助


折角、タイムマシーンを手にしたのに、昨日と今日を行き来するだけ。

そこでキーワードとなるのがエアコンのリモコンというバカバカしさ。

バカバカしいが、妙に納得させるだけの説得力がある。

 
未来は既に決まっているのかもしれないが、

そこにはツジツマあわせの抜け道があるかもしれない。

それって、工夫とか、努力かな。

チヨッピリそんなことを考えさせられた。


とっても愛おしく、小ネタも満載で繰り返し観たい作品。


進藤 良彦, 上田 誠
サマータイムマシン・ブルース