その後の毎日

テーマ:

お久しぶりです。



最後の更新から、半年以上経ちました。



出会いは婚活サイト。

出会って半年のスピード入籍。



そんな私たちですが、毎日それなりに仲良く楽しく過ごしています。

未だに、日々新しい発見があったり。



今のところ、大きな喧嘩もありません。

穏やか~に、平凡な毎日です。



イベントごとのないなんでもない日々が、とても楽しいです。






そして、年内に家族が増えることになりました。




つらい悪阻も落ち着いてきて、今は妊婦生活を楽しんでます。


去年・一昨年と、大きく変わった私の生活ですが、今年・来年もきっと色々変革していくんだろうなと思います。




これからも日々に感謝しながら、平凡で穏やかな毎日を続けて行きたいです。




2012年夏 琴子

これが最後の更新となります。




進行形の婚活だったので、あまり書かなかった松田さんとの結婚までの流れを書いておきます。

短期間での結婚は、こんなタイムスケジュールでしたよ。


思い出し思い出しなので、多少日付が前後していますが、だいたいこんな流れでした。




2011年は私にとって激動の年となりました。


年末年始は、それぞれ別の人達と会っていて、どちらとも続くのか?続かないのか?とモンモンとした日々でした。

結局どちらともお付き合いには至らなく一度リセットしたので、新規に申し込みを開始して、ぽちぽちとメールが始まったところでした。


メールを始めたばかりの松田さんとお会いする約束をし始めた頃、大震災がありました。




婚活とか言っているのも罪悪感があり、パソコンをつけるのもテレビをつけるのも、申し訳ない気分で鬱々と過ごしていました。

それでも、なんとか途切れることなくメールが続き面会までたどり着きました。




‥今にして思うと、非常時の態度に当たり前の常識があり、安心出来たと思います。




私の住んでいる地域は、直接的に影響がない地域でした。


それでも非常時であるという認識、募金など何かをしようとする行動、情報に振り回されない冷静さなど。

これから人柄を知ろうとしている早い段階で、自分の持っている常識と違和感ないと分かったのは大きかったと思います。


まだ恋愛的な好意はなかった最初の頃から、人間性への信頼感を持っていました。




初めてお会いしたのは、お互いの中間地点‥と言ってもかなり私よりになる大きな駅での待ち合わせでした。

普通に静かなカフェで、お茶とケーキのセットでした。





職種に共通項があったので、最初は仕事の話で盛り上がったような‥。


趣味の話より、共通した仕事の苦労話を笑い話にして話していたと思います。


同じ歳だったので、受験や就職難の時代の話もしたかな。




そこそこ盛り上がって感触も良かったので、私から提案して携帯番号の交換をしました。



実は、会うまで携帯番号の交換をしなかったんです。

やり取りは、パソコンのメールだけ。



これは、私の中ではイマイチ手際が悪いよな~って会う前は不満に思った事でした。

初対面で待ち合わせするのに、会えなかったらどうするの!?って。



‥後から聞いたところによると、松田さんは会う前に聞くのは失礼だろうと思っていたそうです。

会った当日に、その場でメアド交換したのも、実はちょっと驚いたそうです。



そこら辺は、もしかしてお見合いよりな考えだったのかも。

仲人型のお見合いでは、当日にお互いでの連絡先交換はタブーですから。


そういう手際の悪い生真面目な硬さが、私に出会うまで残っててくれた要因なのかと思います(笑)




そのまま、すぐに次の予定が決まって、3回目のデートで正式にお付き合いを申し込まれました。




いつも、何度かデートを重ねてもモヤモヤが取れなくて、何がしかの不安や不満を抱えてばかりだったので、誘われて素直に楽しみだと思えるのが、とても新鮮で嬉しかったです。



会えるのが嬉しいというのではなくて、嫌な気持ちにならないのが嬉しいという、松田さんには言えない嬉しさでしたが(笑)




それから、週末ごとに普通のデートを重ねてましたが、なんとなく1ヵ月後には式場見に行ってしまったんですよね。


お互い、あの時は急流に飛び込んだとしか思えない、すごい展開だったよねと話してます。





ちょうど、GWの頃だったので、休みの話~旅行の話~家族の話~と流れて、親に紹介するって話になったんです。




結婚の挨拶ではなくて、お付き合いしている人だよって軽い紹介です。


でも、うちの親はそんなの慣れていないから、家族一同でがっつり待ち構えてました(笑)

軽く、軽くねと何度も話していたのに、松田さんはネクタイ締めてかっちりご挨拶してましたよ。


「結婚を前提に、真面目にお付き合いさせて頂いてます」って感じでした。

自分も、妙に緊張したのを思い出します。



それで、その後のふわふわした気分で、式場に行ってしまったんですよね。




「結婚式あげるなら、神社で挙げるのが夢なんだ~」みたいな、もしも話しをしていたのを覚えていて、「天気も良いし散歩がてら行ってみる?」という軽いノリです。


境内をぶらぶらしながら、ちょろっと横目で式場眺めるくらいのつもりが‥‥。


がっつり担当がついて説明を受けているうちに、「いつにするの?」って日程考えだしてしまって。




そこからが怒涛の展開でした。






5月

式場見学から仮予約。

そのまま本契約へ。

お互いの両親への結婚報告挨拶と、松田さん親族への挨拶。




6月

婚約指輪と時計の購入。

新居の検討を始める。


不動産屋は4件くらい廻ったかな?

ネットでお互い気になる情報をアウトプットして、不動産屋めぐりして、食事しながら検討会して‥。

一番しんどかったけど、式場を悩む事なくあっさり決定してしまったので、お互いの意見のすり合わせの仕方を練習しているような状況でした。

両家の顔合わせをしたのも、この月の終わりごろでした。


7月

新居の契約。

この月は、毎週のように家具屋家電屋めぐりをしていました。

あとは、招待状の作成と、衣装選びがこの辺でした。




8月

引越しと入籍。

新婚旅行の申し込み。

結婚指輪の検討。

模擬披露宴を見学したり、引出物を悩んだり、本格的に式準備がはじまりました。




9月

結婚指輪の購入。

ブログにも書きましたが、結構迷ったので、ちょっとギリギリでした。


婚約指輪を購入したときに、刻印が3週間くらいだったから、1ヶ月前までなら大丈夫かとのんびり悩んでたら、危うく式の前日引き渡しになるところでした。


結婚式の打合せにほぼ毎週通う。




10月

結婚式と新婚旅行。



11月

やっと生活が普通に落ち着く。

内祝いの手配やら、冬の家具の買い足しなどで、ショッピングセンターばかり行ってました。




そして現在です。




出会ってまだ一年もたってないんです。

でも、出来てしまうものなんですね~。





新居の検討を始める頃に、金銭的な話をしました。

だいたいの貯金額を公開し合いまして、今後のお金の使い方管理の仕方を話し合いました。



松田さんは確か、婚活サイトに本人確認証明の他に年収証明を出してあったと思います。

年収は婚活サイトに書いてあった通りで、貯金額とかは、なんとなく想像の範囲でした。




お互いに、「親に頼らずに自分達ですべて準備する」という意見も、すんなり一致していたので、だいたいの分担を話し合って決めました。



そういう大事な話が、あまりぶつかる事なく納得できる感じで一致したので、するすると話が進んでしまったと、今になって思います。


急展開の一年でしたが、後悔やガッカリは今のところありません。

良い出会いだったと、今でも感謝しています。




頑張って良かった、諦めないで良かった。




終わりが見えない婚活。

何度も何度も、結婚出来ないんじゃないかと思いました。


でも、何もしていなかったら出会ってなかった。


自分が思い描いていた予定よりずっと遅くなってしまいましたが、それでも出会えて良かったと思います。



まだまだこれから先、また子供や仕事や住宅のことなど。

次から次へと悩みはつきないかと思います。

また、新たな場面で躓いたり、足掻いたりして行くと思います。




このブログを読んで、少しでも同じ婚活女子の励みになったり、共感してもらえたら良いなと思ってます。






三十路琴子の婚活日記は、これにて終了です。


でも、琴子の平凡な日常はこれからも続いて行きます。





本当に長らく、ありがとうございました。




2012年12月 琴子





ブログについて

テーマ:

無事に結婚式も終わりまして、公私共に‥と言うか世間的にもしっかり夫婦となりました。






仕事は続けているのですが、旧姓と新姓がごちゃまぜになってしまいます(笑)


名義変更で書類を山ほど書いたので、書き文字では割と間違えないのですが、電話はまだダメですね~。


咄嗟の時はまだ旧姓が出てしまいます。








長らく続けていた婚活ですが、無事に終了となりました。








そして、このブログをどうしようかと、考えていまして。









半年更新しなかった時期もありますが、いろいろと、思い入れのあるブログです。








タイトル通り、婚活ブログで始まったなら婚活ブログで終了しようかと。








すっかり更新も少なくなって、ランキングにも登録していないブログなので、読んでいるのは昔からの方達か、現在婚活中の方が検索されて読んでいるのだと思っています。








検索ワードを見ますと、ほとんど「婚活ブログ 三十路」で検索されて来ています。






それならこのまま終了しておくほうが、検索されて辿り着いた人にとって読みやすいかと。










婚活を始めるにあたり、私も婚活ブログをたくさん読ませて頂きました。


読んでいるうちに、自分もブログを始めたくなって、書き始めました。







34歳の夏に、大手情報サービスに入会する所から始まったブログです。







結局情報サービスは2ヶ月で退会してしまいましたが、その後も婚活サイト・パーティー・結婚相談所といろいろもがきながら37歳の夏の終わりに入籍を果たしました。






婚活サイトや相談所の情報などは、他の婚活者さん達のブログで知りました。


ネットでの婚活サイトなんて、出会い系で怖いんでしょう?って思っていたから、婚活ブログをやっていなければ、婚活サイトでの活動もなく、松田さんとの出会いもなかった。









一番欲しい、生の情報が聞けるのが、ブログでした。












ブログを始めるずっと前に、最初にお見合いしたのは20代だったので、婚活歴としては10年近く。







婚活を始めて、すぐに出会う人もいるでしょうが、私のように時間がかかる人もいます。







嫌な事もたくさんあったし、自分が嫌になった事はそれ以上でした。


自分のコミュニケーション能力が悪いのかと思う事もたびたびで、どうしてこの人ではダメなんだろうと、悩むことも多かったです。






何度も短い出会いを繰り返すと、変に慣れてしまって、斜に構えたり横着になった事もありました。




がっかりして、傷ついたり傷つけたりした事があって‥、それらの経験は自分の糧になったと思います。








まだ、入籍したばかりのヒヨっ子夫婦です。


偉そうな事を言うのは、おこがましいですが。




諦めないで、頑張って来て良かったと思っています。








恋愛体質でない私は、好きで好きでという気持ちで松田さんと付き合っていた訳ではなかったです。


ただ、居心地が良い、一緒にいて疲れない、一緒にいる事が嫌ではない、最初はそれくらいの気持ちでした。









今、毎日一緒にいて、とても幸せな気持ちです。




とても大切な人だと思っています。


恋愛というより家族よりかもしれませんが、充分な愛情を感じます。






そして松田さんから大切にされていると、言葉ではなく態度で感じさせてくれます。




松田さんと出会えて良かったと、心から思っています。








諦めないで良かった。


途切れ途切れでも、続けていて良かった。




続けられて良かった。







これから婚活を始める人や、現在婚活をされている人が、なんとなくこのブログに辿りついて記事を読んで、何かしらの情報や励みになれば良いなと思うので、このブログは、しばらくこのまま残そうかと思います。




私が、他の婚活者さんのブログを読んで、情報を共有出来たり励みになったりしたように。






過去の限定記事については、ちょっと悩み中です。






今となってはもう時効なので、全部限定解除してしまっても、差し支えないかとも思うのですが、‥そもそも最初の頃の高いテンションとか読み返すと恥ずかしいんですよね(笑)








閲覧出来るだけの状態にしようと思うので、読者登録やペタ機能は閉じさせてもらいます。








初期の頃から、読ませて頂いて、読んで下さっている方達、ありがとうございました。


次々と、決まっていく皆様においていかれるようで、凹んだこともありましたが(笑)


それでも、ちゃんと婚活で結婚出来るんだという人達がいたから、頑張れたのもありました。




そして、頑張っている皆様、長く時間がかかっても、私みたいな恋愛下手でもちゃんと結婚出来たよ!って証になれました。









本当は一人一人に御礼を言って回りたいところですが、ここでまとめての御礼で失礼させて下さい。




本当にありがとうございました。










年内にちょこちょこ編集をして、12月頃に最後の更新をしようかと思っています。