刺青道中記

刺青道中記

 Tadasukeの作品紹介や日々の日記。


Amebaでブログを始めよう!
 
遅くなりましたが、

あけましておめでとうございます⛩

 
今年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
 
 
 
 
 
 
っておそすぎじゃね?
 
 
 
と思ってますよね?
 
 
 
 
 
 
僕もそう思いますw
 
 
 
 
 
 
随分とブログも書いて無いし、アレがアレがしてますが、、、、、、
 
 
 
 
 
そう、
 
 
 
忙しかったんですw
 
 
 
 
 
ただただ、
 
 
 
 
 
 
 
忙しかったんですwwww
 
 
 
 
 
 
もはやどの辺から書いてないのかすらわからないくらい書いて無いので、
 
 
 
 
もう聞いたわー
 
 
 
 
 
てのもあるかと思いますが、そこは温かい目でお願い致します。
 
 
 
 
 
 
 
まずはー
 
 
 
 
 
 
 
 
そう、
2年ほど前からウチのスタジオには
takuya と彫泉の2名が加わりまして、わちゃわちゃやっとります。
 
 
 
 
 
 
Takuya は元々、地元の後輩。
 
 
普段はローライダーのカスタムショップでミューラル書いたり、色吹いたり、アレやらコレやらしとります。
 
 
中々良い腕持っとります!
 
 
 
 
{FB50C988-A8C6-4E31-9403-4FEF18F40099}

 
 
 
{D0DB1E51-CE66-4C85-992E-B789C7619772}




タッくん楽しそうな事しとんなー♪






んで
 
 
元々タッくんは、絵を描いていますので、
Tattoo としての構成や
Tattoo の技術だけ手ほどきしています。
 
 
 
弟子とはまた感じが違くて、後輩って感じですかねー
 
 
 
 
 
 
も1人。
 
 
 
 
 
彫泉
 
こちらは
かの有名な⁈
 
 
 
五泉地区出身の23才。
 
 
もう五泉といっったら、
僕の中の位置づけはゲットー地区ですから、笑
 
 
 
もれなくアレだったようです。
 
 
 
 
コンプトン出身のラッパーみたいなもんですw
 
 
 
{2DC36AEE-B6F8-4F6C-8FE0-CC73714EF611}



 
ジジイ世代には、
 
ドレーパイセンやスヌープパイセンがストライクですが、
若者世代なので、
ケンドリック・ラマーぐらい成り上がってもらいたいところです。
 
 
たまに彼の昔を知るお客が来ると
 
 
 
「笑えるんですね??」
 
 
って言われてます笑
 
 
 
彼に下剋上を喰らわないように、
しっかり恐怖を植え込んでおきたいと思いますw
 
 





 
数年前に長野のカリスマとLA行った時、
コンプトンのホテルに泊まろうとしたら、向こうの友達に
 
 
 
 
「死ぬよ?」
 
 
 
って言われた時は、悪ノリが大好きな我々も流石にホテルを変えました 笑
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 


豪華客船でTattoo彫ったり



 
 
 
 
 
向こうの悪そなやつらとだいたい友達になってみたり
 


 
 
 
 
 
 
 
 


ハリウッド行ってみたり
 


 
 
 


砂漠行ってみたり



 
 
 
 
 
 
 
 
楽しかったなー♪
 
 
また行けたらいいなー


 
 
 
 
まあそんなこんなで
脱線してますが、
 
 
 
 
 
要は人増えて、スタジオがカオス化してきたんで、引っ越しましたって話しです。
 
 
 
 
二行です 笑
 
 
 
 
 
まあ引越ししたと言っても、以前のスタジオから徒歩5分くらいのところですので、
場所的にはあまり変わりませんが、以前よりは広くなりまして、
少しは皆さんに快適に針を食らっていただけるかと思います。 
 
 
が、痛いのは変わりません 笑
 
 
 
 
とはいえ、内装も看板もまーったく手付かず、、
 
 
 
 
幸い、そのまま使える状態でしたので、
仕事の合間に少しずつやってこうかと思っております。
 
 
 
 
心機一転、ついでに色々と名前を一新します。
 
 
 
 
 
新しいスタジオは  “Local Ink”  
 
 
 
 
 
2つ3つ候補がありましたが、
 


 
全員一致で  ”Local Ink “  となりました。
 
 




我々ローカルを中心にしていますし、インディーズみたいな感じで、ピッタリかと。
 

TAKUYAいわく、

 
「ローカルって言っときながら、スゲーのやってたらでカッコイイすよね 」
 
 
んん~
 
いいね~ アーティストですね!



 


 
昨年まで、年に数回、海外のtattoo コンベンションに参加して、色々なスタイル、スキル、道具や衛生基準など、を見てまわって来てました。



ローカルだけで終わらないよう、色々と彼らにもフィードバックして、努力して行きたいと思ってます。
 
 



そして私も
 
和の刺青に関しては “彫貞” (ほりさだ)
名義で活動をさせていただく事と致しました。
 
 
 洋なtattoo に関しては変わらず“TADASUKE “
 
 
 
 
10年でやっと一人前と言われている世界。
 
 
 
 
師を持っていない僕としては、
命名してもらえる事もないので、二の足を踏みまくっていましたが、
 
 
 
 
ちょうど刺青を始めて丸10年経ちまして、
自分の中でやっと ”彫“ を頂いても良いかなと思った訳であります。
 
 
 
 
 10年くらいやって初めて色々とわかる.....
 
 
 
と聞いていました。
 
 
 
 
正直、若かったもので、「本当かよ~⁈」と思っていましたが、、、、
 
 
 
本当でした‼︎
 
 
すいませんでしたm(__)m
 
 
 
つい最近も立て続けに、20年クラスのキャリアの先輩達の仕事ぶりを、見せて頂けましたが、、
 
 
 
 
 
 
いやーーーーーーーー
 
 
やっぱり、すごいですよね。
 
 
インスタではわからないですよねー
 
 
ただで、こそっと見てたって何もわからないですよねー
 
 
身銭切って足運んでナンボですよねー
 
 
と思わされる事、多数でした。
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
もう10年やったらまた違うものが見えてくるのかなー
 
 
 
うんうん。
 
 
 
 
 
10代くらいの頃は、四十歳なんて人生終わってんじゃね?
 
とか思ってましたが、
 
 
 
いやいや、
 
 
 
 
 
歳取るのも悪くないです。
 
 
 
 
 
 
職人としてはまだまだペーぺーですが、若い頃とは違った視点で、もっと深く刺青を突き詰めて行こうと思う今日この頃です。
 
 
 
 
HPやら、ショップカードやら、ステッカーやら、
色々と間に合っておりませんので、
新旧混同しておりまして、
ご迷惑をおかけ致しますが、ご報告はこんなところです。
 
 
 
日々のくだらない事はほぼインスタのストーリーばっかなので、
ブログもサボらず色々と発信してきたいと思いますー
 
 
 



それではまた
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
FBはこちらから

Facebook


HPはこちらから

ホームページ


instagramはこちらから

彫貞&TADASUKE



Local Ink
 
〒959-2025
新潟県阿賀野市中島町14-1
O.S.Iビル3F
 
TEL: 0250-47-4591
E-mail: deathcandletattoo@gmail.com
営業時間: 予約制
定休日: 不定休