お猫様のコタツを出しましたが・・・ | スーパーカブ漫遊記

スーパーカブ漫遊記

カブ初心者のおっさんの記録

 

さてさて。小次郎は最近また頻繁に姿を見せるようになりました。たまにほとんど見かけなくなるのは旅に出ているせいなのですかね?

 

 

相変わらずチュールを食べるとさっさと帰って行きますが、3回に一回くらいは小生の説教に付き合っていますよ。何度言っても家には帰る気がないようです。

 

 

子猫軍団ですが、一名が貰われていきました。「もしどうしても馴染まない場合はうちで飼うので返して下さい」と言っておいたところ、やっぱりなかなか馴染まず、一時期は帰って来るような話にもなったのですが、結局はそちらで暮らすことになりました。猫じゃらしで遊んでいる動画を見せてもらいましたので、少しずつ馴染んでいっているのでしょう。

 

 

今はシャムと黒の2名が残っています。

 

 

家に入れてくれと言えばすぐに入れるつもりなのですが、なかなか懐いてくれない。外の方がいいのかもしれませんね。母親のクロちゃんも今回の子供は相当可愛いのか、今だに世話を焼いています。三名でいるところをあちこちで目撃されているようですよ。

 

 

こちらは別の日。カブの前にクロちゃん、塀の上に茶トラさん。

 

 

小次郎が現れる頻度が多くなると茶トラさんの登場は少なくなりますが、それでもちょくちょく見かけています。

 

さて昨日は寒かったですね。

 

 

トラオ:「ユキ?」

「ユキなら俺の腕枕で寝てるよ」

 

てなことになっていたので急遽コタツを仮出しすることにしました。「仮」としているのは掃除がきちんとされていないためです。

 

 

実際問題として先週まではまだ暑かった。まだ扇風機もそのままだったですよ。ゴン太の「お前、何しに来た?」的な表情がいいですな(笑)

 

 

とりあえず扇風機を片付けます。片付ける前に拭き掃除をしなければならないのが面倒。

 

 

とりあえず扇風機を片付けました。シロがかったるそうな表情をしているその奥で、シマコは来たるべきものに期待している様子が伺えますよ。

 

 

とりあえずコタツをコンセントに繋いでみたのですが、赤外線ランプが点かない・・・。コードが逝ってしまったのか、本体が壊れてしまったのかは不明ですが、まだ電気を入れなければならないほどは寒くないので、この件は保留にしました。とりあえずコードはAmazonでポチったので、コードが原因であれば問題は解決。ダメならば猫ちゃん窟仕様になった時に古い方のコタツを点灯しようか?と考えております。新しいコタツの購入も検討して良いのですが、古い方のコタツの処分が困る。大型の家具は廃棄に金と手間がかかるのが困りものですね。

 

 

 

 

 

ポロポロのコタツ布団を持って来た途端に、ネコ軍団のテンションが上がっているのが分かります。先週まではクーラーに当たっていた癖に・・・などと思いつつ、やっぱり寒かったのでしょうね。

 

 

仮なのでかなり雑にセッティングしましたが、すぐに中は満員になってしまいました。

 

 

コタツは電気を入れなくとも防寒として優れており、かつお猫様には寝床として最適のようです。コタツ布団も本当にポロポロなので流石に新しいものに買い換えるべきなのですが、彼らも馴染んだものの方が良いみたいなので思案のしどころです。そもそもお猫様のものなので、見栄えよりもそちらを重視すべきかもしれませんからね。

 

※「予算がないから」とは口が裂けても言わない。

 

 

↑押してネ!!

 

なめんなよ!?