電子ドラム防音工事完了しました。

今回は中古マンションをリノベーションして

一室を完全24時間対応の電子ドラム防音と

DTM STUDIO室にする工事です!!

先ずは打ち合わせ段階ですが

マンションならではの火災報知器ベルや

LAN配線の集中管理室迄の経路の確認と

防音室にする場所の解体範囲の打ち合わせからスタートです。

そして解体後に最終確認で躯体の梁が出てきましたので

この梁から逆算して防音天井を作らないと躯体に振動として伝わってしまいますので

入念に収まりのチェックですね。

「電子ドラム防音って、そもそも防音室にしないといけないの!?」

と思う方がいらっしゃると思いますが、

実はバスドラムのパッドとペダルのビーターが当たるときに

かなり躯体を伝える「ドン」と重たい振動音が発生してしまうのですね。

もちろんモニタースピーカーからは音出しせずにです。

そこへモニタースピーカーから音を出力しますと先ほどの振動音と

増幅された電子音がモニタースピーカーからミックスされて

生ドラムと実はさほど変わらない位の低域振動が発生します。

もちろん生ドラムを激しく叩けば生ドラムの方が音圧レベルは高いのですが

本当に電子ドラムは性能も上がっており侮れませんね。

さらにはバチでスネアからタム、シンバル等 「ダバディビ!!」とパッド(メッシュ)を叩くと

そこでもドラムスタンドを通して振動エネルギーになり

躯体を伝わってしまいます。

ここで大切なことは電子ドラムでも生ドラム仕様で考えないと後戻り出来ないという事で

さらには床の中にKOTOBUKIオリジナル ドラム用防振材を入れて完全浮き式にして

躯体と縁を切るという工法も重要になってきます。

特に新しいマンションになればなるほど、耐震性能から躯体が強固になってますので

より振動を速く伝えてしまいます。それこそバチの一音一音が聞こえてしまうという場合もありますので

生ドラム防音仕様をお勧めさせて頂いております。

今回は電子ドラムを新調されたとの事で、セッティングからお手伝いさせて頂きました。

ハイハットの設定だけ四苦八苦しましたが(笑)スネアやタムの張り感の調整もさせて頂いております。

モニタースピーカーも取付を進めて音出し!!

「いや~気持ちいいです!!」

電子ドラムも本当に進化しましたね。

お仕事でDTM編集もされるとの事で

音響調整の部分吸音調整も一枚一枚音出しをしながら決めていきまして

無事に完成です。

本当に音楽ライフとお仕事に活かして頂ければ幸いで御座います。

こちらの音響調整動画ご参照下さい。KOTOBUKIサウンドチャンネル

前編

後編

 

 

 

オーディオアクセサリー銘機賞 2022

新型音響パネル受賞させて頂きました。

12月中に準備でき次第発売させて頂きます。

名古屋クラシックコンサートホール防音工事着工中。

ドラムスティック工場にSTUDIO防音室完了 音響調整待ち

愛知県 新築ドラム防音室着工中

愛知県 DTM防音室12月より着工スタート 

 

音響防音専門 株式会社KOTOBUKI

空いたスペースを在宅ワークリノベーション構想スタート!!

 

 

音快速極音受注生産開始 

 

電流の流れを良くし音のスピードとオーディオ機器の負担を減らす

カーボン特殊配合のKOTOBUKI初

音極線Amazonにて発売‼️

↓ ↓  ↓  ↓   ↓ 

ケーブルインシュレータ「音極線」

 

   

 

 

 

手掛けて来たアーティスト、大塚愛、倖田來未、鈴木亜美、Rie fu、藤田麻衣子、

杉恵ゆりか、エレファントカシマシ、SEKAI NO OWARI、かりゆし58...

音楽プロデューサー、アレンジャー、作曲家、マルチプレイヤー、Ikoman / 生駒龍之介 氏愛用

「音快速極烈、極低」 詳細レポートは池部楽器店 パワーレック記事にて

 

 

 

 

 

KOTOBUKI HP↓↓↓画像クリック 59

ブログランキング参加中です。ワンくりっく頂ければ嬉しいです!!!

にほんブログ村 音楽ブログ 音響へ

 にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへ
にほんブログ村

>