意外と多い秋の食中毒 黒澤輔 | みやざきだい壽整骨院のブログ

みやざきだい壽整骨院のブログ

東急田園都市線[宮崎台駅2分] TEL:044-877-6161


台風が過ぎて色んな所に爪痕を残していき、暑さもまた戻ってきましたね💦

さて、今回は秋の食中毒についてですが、"食中毒"と聞くと夏が多いのでは?と、思われているかたが多いと思いますが、実は年間で一番発生件数が多いのが9~10月なのです。

なぜ9~10月に多いのかと言うと、行楽シーズンでバーベキューや運動会、お祭りなど野外での食事が増えるからと言われています。

では、食中毒を防ぐためにはまず、何をするのか?

1. 手には雑菌が一番つきやすいので、調理や食事の前、余った食材を触るときにはまず、十分な手洗いを。(使用済みの食器なども菌が増える前に洗いましょう)

2.食材の菌を増やさないためにも必ず冷蔵庫、又は冷凍庫で保管する。
(菌は10℃以下で繁殖がゆっくりになりマイナス15℃以下で止まります)

3.お肉は中まで火をとおす!
ほとんどの細菌などは加熱によって死滅しますので、加熱してから食べれば安心ですね♪

このように少し気をつけるだけで、未然に防げることもございますので、覚えておくといいですね。

秋を楽しく満喫しましょう!!