~今の時期だからこそ気を付けたい事~ 黒澤輔 | みやざきだい壽整骨院のブログ

みやざきだい壽整骨院のブログ

東急田園都市線[宮崎台駅2分] TEL:044-877-6161

台風も過ぎ去りましたが、変わらず暑いですね💦


さて、前回も熱中症についてお話ししましたが、この時期特有の症状もあるようですので、もう少し掘り下げて見ようと思います。

 まず熱中症とは、気温が高い場所や湿気が多い場所などに長時間いると起こることがあります。

大量に汗をかいているのに、水分補給ができなかったり、涼しい場所に移動できなかったりする時に起こりやすいです。

つまり、「熱中症」とは、“高温・多湿の環境に身体が適応しないことによって起こる様々な症状の総称”です。

症状としては(web参照)

熱中症の進行状況や内臓、身体機能への影響によって、細かく4つに分類されます。 

 ※熱失神
 暑さによって末梢血管が拡張し、血圧が低下する
 血液の循環量が不足し、めまいや失神が起こる

 ※熱けいれん
 大量の発汗によって、ナトリウム量が低下する
 筋肉が硬直して、筋肉の痛みやけいれんが起こる

 ※熱疲労
 大量の発汗によって、脱水状態が進行する
 体液の不足により、体温が上昇し、頭痛や吐き気、虚脱感が起こる

 ※熱射病
 熱中症の分類の中で最も重症
 症状が進行し、体温調節機能が失われる
 40度以上の高熱がみられ、発汗が止まり、意識障害が起こる

最近では、重症度に応じてⅠ~Ⅲ度に分類されるようになっています。
Ⅰ度は軽症とされ、熱失神・熱けいれんに当てはまります。
Ⅱ度は熱疲労に分類されます。
Ⅲ度は重症で、熱射病に当てはまります

最近だと日中は何ともなかったが、夜家に帰って急に頭痛や吐き気、ダルさ等の症状が出る、時間差で来る熱中症もございます。

この時期は我慢をせず、暑かったらエアコンをつける。こまめな水分と塩分補給をするように心がけましょう。