箏曲 菊温会

箏曲 菊温会

琴と三味線をしています♪ 13,17,20絃♪ **お気軽にお問い合せ下さい**
***菊温会ホームページ*** http://www.koto-kikuonkai.com/

 

  名古屋三曲連盟定期演奏会ー第47回ー

 

無事に終了しましたルンルン

ありがとうございましたニコニコ

 

特別演奏の「桃李歌」桜

20絃筝(20絃のお琴)と17絃筝(17絃のお琴)を並べた様子です。

舞台は床が回転して客席の方を向きます。(床の丸くなったところが動きます)

 

二人がかりで可愛く着付け中ですおねがい乙女のトキメキ

 

菊温会になくてはならない3兄弟照れチョキ

 

今回「ジュニア演奏」に参加した3人ですニコニコ飛び出すハート

 

「松の寿によるパラフレーズ」演奏中ですキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  名古屋三曲連盟定期演奏会ー第47回ー

 

来週開催ですルンルン

2024年2月11日(日)

日本特殊陶業市民会館(金山)13時開演

 

日曜日は、演奏会前最後の下合わせ練習でしたルンルン


 13.「松の寿によるパラフレーズ」

熊沢辰巳編曲です。

題名のとおり「松の寿」という古典曲に替手(対旋律)と17絃(低音)を加えた合奏曲です。


パラフレーズ (paraphrase)下矢印

① 意味や内容を変えずに、表現を変えること。

② 原曲を他の楽器で演奏できるよう編曲したもの。


「松の寿」下矢印

幕末(明治時代の少し前)の地歌箏曲です。


地歌その土地の歌に三味線の伴奏を入れた三味線音楽です。三味線を弾きながら唄う曲で、江戸初期に上方(京阪地方)で発展したものです。


「松の寿」は在原勾当作曲の地歌に、箏の手付けは西山徳茂一が箏(琴)の手付けをした曲です。


手付け→邦楽では原曲に対旋律をつけることを手付けといいます。


この曲は、歌詞に松竹梅と鶴亀と慶事に使われるものがたくさん入った慶祝の曲です。


千歳ふる 松の寿 緑なる

苔はむすとも 色変へぬ

操すぐなる 若竹や

雪の重みは まだ知らず

知らぬ筑紫へ 行く梅も

昔生れは 浪花津に

冬籠りして 咲くうちに

鶯の来て 春を告げ

花の鏡と なる水に

亀ぞ浮びて 君が代を

久しかれとぞ 祈り舞ふ

鶴も群れいて 遊ぶなり



 

 

 

 

 

 

 

 

  名古屋三曲連盟定期演奏会ー第47回ー

 

2月開催ですルンルン

2024年2月11日(日)

日本特殊陶業市民会館(金山)13時開演

 

特演で熊沢辰巳先生作曲の『桃李歌』を演奏します。

その練習風景です。

20絃筝4面と17絃筝2面の計6面にて演奏いたします(^^♪

 

 

 

 

 5.20絃筝のための「桃李歌」

熊沢辰巳先生作曲の曲です。


桃李は、桃の花とすももの花、共に春の花です。

「桃李花」は、「花」という時で、雅楽の曲目に存在します。雅で優雅なイメージです乙女のトキメキ

「桜梅桃李」という言葉もあり、春の花は各々に美しい。独自に花開く、感じですね。


この曲は主旋律も綺麗ですが、サブメロディーとなる副旋律も素敵です乙女のトキメキ