ADHD=男の子=鉄不足

教科書的にはADHDの男女比は3~4:1。
しかし、当院の患者で見ると男女比は100:0。

母親が全員貧血、もしくは鉄不足あり。
1)現在、貧血の治療を受けている。
2)妊娠中貧血があり、フェジンの静注を受けた。
3)貧血は指摘されていないが低フェリチン。

ADHDの男の子は全員、母親から引き継いだ鉄不足でフェリチン50未満。
女性に比べ男性は鉄不足に極めて脆弱。
女性では、
フェリチン10未満=最重度鉄不足=「Fe↓↓」と記載。
フェリチン10~50=鉄不足=「Fe↓」と記載。
男性では、
フェリチン50未満=最重度鉄不足=「Fe↓↓」と記載。
フェリチン50~100=鉄不足=「Fe↓」と記載。
つまり、女の子のフェリチン10~50では無症状だが、男の子のフェリチン50未満はADHDになる。

鉄不足の男の子は、
1)じっと座っていられず、直ぐ走り出してしまう(レストレスレッグス様)。
2)待合室に入った時から、ドンドンと床を踏みならす足音がする。
3)体幹がグニャグニャで、背もたれや壁にもたれ掛かる。

治療は当然、
1)高タンパク/低糖質食+プロテイン、
2)鉄剤(もしくはキレート鉄)+C、
3)飲めるならB50、ナイアシンアミド。
4)もっと飲めるようなら、E、Mg。
プロテインが飲めると、2~3ヶ月ですっかり落ち着く。
上記が全て飲めるようなら、1年でIOが20程度上昇する。

子供より一緒に治療している母親の方がより早く効果が実感出来る。
他院での貧血治療=鉄剤投与のみで食事指導は一切なし。
当院での貧血治療=造血の材料(タンパク質+鉄)+造血の補酵素(B6、葉酸、B12、C、E)。

写真はある日の初診患者リスト;
(カルテ番号、プロフィール、診断、フェリチン値)
9431、11歳男性、ADHD、Fe↓↓
9432、47歳女性、貧血、Fe↓↓

9435、46歳女性、貧血、Fe↓(他院で採血)
9436、15歳女性、OD(起立性調節障害)、Fe↓(他院で採血)
                        
9437,12歳男性、ADHD、 Fe↓↓
9438,45歳女性、貧血、Fe↓

元記事はこちら
https://www.facebook.com/100003189999578/posts/2225242570925388/