日本のオーソモレキュラー治療の現状と問題点

症例;10代後半、男性。
H30.4より広島から千葉の大学に進学して一人暮らし。
過緊張で友人と話ができない、細かいことを気にしすぎてしまう。
H30.10、東京の有名なオーソモレキュラークリニックに受診。
BUN6.8、フェリチン70。
大豆プロテイン、ヘム鉄、B群、C、ナイアシンアミドなどのサプリ、1ヶ月10万円。
ナイアシンアミドの量は250mg*4。
”海外の安いサプリは効果が乏しいため、必ず医療用サプリを使わないといけない"と説明を受けたそうだ。

母親が自分の本を読んで、ホエイプロテインに変更。
H30.12、母親同伴で当院受診。
Nowアイアン36mg、B50、C1000、E400、ナイアシンに変更。

ナイアシンは、
ナイアシンアミド500mg*3+ナイアシン500mg*1で開始し、
合計で3000mgになるようナイアシンを徐々に増量。

ATPセットは標準量で開始。
Fe36mg*3、夕。
B50*2、朝夕。
C1000*3、朝昼夕。
E400*1、朝。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オーソモレキュラー治療の現状と問題点、

1)特定の医療用サプリを薦めること。
アンドリュー・ソウルは、”自分は特定のメーカーのサプリを推奨することはしない。ディスカウントストアに行って一番安いビタミンCを買いなさい”と言っている。
特定のサプリでないとダメと言うのは、欧米のオーソモレキュラーの精神とは全く異なる。
自分は当然iHerbで最安のサプリを選択している。

2)費用が高すぎる。
月10万円なんてセレブでないと継続困難。
当院なら、上記サプリ全てで6000円+ビーレジェンドプロテイン2600~3200円。

3)大豆プロテインを使用している。
大豆プロテインよりホエイプロテインの方が圧倒的に良い。
”筋タンパク合成率においてホエイはカゼインよりも93%高かった、ソイよりも18%高かった。トレーニング後に摂取した場合、ホエイの筋タンパク合成率はカゼインよりも122%高く、ソイよりも31%高かった。”(山本義徳、アスリートのための最新栄養学、より引用)
筋肉と同様に内臓の修復にもホエイの方が圧倒的に有効。
ソイでは甲状腺機能障害を引き起こす。

4)ヘム鉄を使用している。
ローカルサプリのヘム鉄ではなく、キレート鉄(フェロケル)を選択する。
これももはや当たり前。

5)ナイアシンアミド1000mgでは効果がない。
最低2000mgが必要で、ナイアシンとの併用で3000mgを目指して増量が必要。

*わざわざ治らない方法を選択しているとしか思えない時代遅れの治療。
賢明な一般人は、どうすればベストなのかを既に知っており、「一般人の知識が専門家を軽く凌駕する時代」。

元記事はこちら

コメント欄より

ガーベラシェアコメントより、

藤川徳美先生の記事をシェアします。
効果の薄い高額なサプリメントを出すクリニックの先生は
患者さんのこと考えてくださっているのかな、と悲しくなります。お医者さんってそうなの?と。
毎月10万なんてお金持ちの人しか継続できるわけない。
鬱になってしまった知人に高タンパクとメガビタミンを勧めて
1ヶ月半で幻聴も激減、笑顔もでてきて、目を見て喋れるまでなっていたのに、某クリニックの先生のオーソモレキュラー本を読み、それまで飲んでいたキレート鉄に不安を感じたのか、ヘム鉄に変えてしまってからまた幻聴が復活してしまいました。(今はキレートに戻して、元気になり、少しずつ社会復帰してます)
キレート鉄と、ヘム鉄の効果の違いは歴然。
いろんな情報が出回っている中、自分で体感の良い方を信じて続けることだと思います。

ガーベラシェアコメントより
シェコメントより、

わたしが海外オーソモレキュラーに、ホリスティック栄養学から鞍替えしてきたのは、2008年。

情報通の都内の医療関係者に聞いたら、

「都内のオーソモレキュラークリニックで、「治った」って一度も聞いたことがない」と迷いなく即答でした。代替療法全般に興味がある方で、オーソモレキュラーにも興味を持っていたので、ネガティブなバイアスがかかっているとは考え辛かったです。


「なぜ?」と思った。

「オーソモレキュラー自体に、効果がないのだろうか?」とも。

それで、ホッファーの赤い本を買って、内容の違いを確かめることに。

他の海外オーソの翻訳本では、ちゃんと効いている。レッサー博士は「うちの患者は3ヶ月程度で改善している」と書いている。


つまり、ここでも、

「大事なのは、その方法で実際に治っているかどうか」。

現代医療では、

「治ってるのかどうか?」を先に確認しないとダメです。

結果を確かめずに信じてみたところで、報わたためしがないです。


その後、藤川先生の臨床から、「鉄タンパク質不足があると、ビタミン・ミネラルは効かない」と情報が整理されていきます。

わたしも、糖質制限を知る前、つまり低タンパクで貧血のときに、オーソモレキュラーをやっても効きませんでした。


以前、西洋圏に住んでいる日本人の女友達2人に、体調不良を治すためのオーソモレキュラーのレシピを書いて、iHerbでサプリを買って実践してもらったことがあるのですが、2人とも、プロテインなしサプリだけで効きました。ものすごく驚いたし、意外でした。
(ちなみに2人とも、ジャンクフードは口にせず、食や運動に気を使っているライフスタイルです)


人種に関係なく、日本に住んでいるから、普段の食事が原因で低タンパク質になりすぎて、ビタミン・ミネラルが効かない体になっているのだと思います。

ちなみに、日本人女性でも、「日常的に運動していて、MBI21〜22くらいしっかり体重がある女性」は、サプリだけでぱっと効くことが多いです。体に厚みがあって肌がムチムチしています。


至適量の問題もあります。

わたしは、残念ながら未だにBC500mg/1日が必要です。

1ヶ月分のサプリが10万円なら、わたしの量だと50万円?! わたしは安いサプリが存在していなければ、至適量が飲めず、治らず、健康を維持できないです。