タンパク不足は窒素不足

テーマ:
タンパク不足は窒素不足

一年前にも一度書きました
土壌が窒素不足だと植物は枯れてしまい、生きていけません
https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/posts/702101089906218?pnref=story

糖質、脂質は、炭素、水素、酸素でできている、CHO(チョ)
タンパク質は上記に加え、窒素、硫黄でできている、CHONS(チョンス)
硫黄は、メチオニン、システインの一部の含硫アミノ酸にのみ含まれているが、窒素は全てのアミノ酸に含まれている

生体内では窒素がない糖質、脂質からタンパク質は作れません
すなわち、タンパク質はしっかり十分量摂取することが必要です
タンパク質は体内で保存できませんので毎日摂取が必要です

タンパク質には動物性タンパクと植物性タンパクがあります
ヒトが利用できるプロテインスコアから見ると動物性タンパクは植物性タンパクより圧倒的に良い
ヒトは植物ではなく動物だから動物のアミノ酸組成に近いのです
最も良質なプロテインスコア100の食材は、卵とシジミのみ

タンパク不足は血液検査ではアルブミン、尿素窒素(BUN)などが指標になります
特に窒素量を反映するBUNは良い指標になります
BUN10以下は明らかにタンパク不足(窒素不足)
そのような人には卵を毎日2~4個食べるよう指導しています

卵を毎日複数個+肉、魚、チーズという指導になります
タンパク質を十分摂取するためには糖質を減らす必要があります

元記事はこちら