自閉症スペクトラムはなぜ男の子に多いのか?(2016.4.8)

岡田先生に教えてもらった資料
http://adhd-taiou.seesaa.net/article/150239473.html
自閉症スペクトラム(自閉症、ADHD)の男女比は4:1

男性は生涯を通じてフェリチン100-300
つまり鉄不足は非常に稀であり、鉄不足に対しては脆弱

女性は12歳まではフェリチン100-300
12-50歳の80%は30以下、40%は10以下
50歳以上で徐々に100以上になる

女性は妊娠出産で子どもに鉄を奪われる
出産の際に大出血を来すこともある
つまり、女性は鉄不足があっても母胎を守るシステムを備え持っているはず
一方、男性はそういうシステムを持ち合わせていない

男性の鉄不足、100人に1人以下と稀であるが当院にも数人おられます
痔出血での失血、ベジタリアン、など
フェリチンが30-50に下がると全員酷い症状を示す
頭が働かなくなって動けなくなる人
レストレスレッグス症候群となりじっとしていられなくなったりする人
20歳前後で発症した男性の統合失調症患者でもフェリチン値が微妙に低い
https://www.facebook.com/tokumi.fujikawa/notes
女性であれば30-50あれば代謝低下はあるが、殆どの人は無症状
柏崎良子先生によると、鉄不足の診断基準は、男性でフェリチン120以下、女性で80以下と男女差あり

男性のフェリチン50以下は、女性のフェリチン10以下に相当すると判断している
男性のフェリチン100以下は、女性のフェリチン30以下に相当すると判断している
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
母親が妊娠中に鉄不足なら胎児の鉄も当然欠乏する
母親が深刻な鉄不足となる人は食事内容が糖質に偏り、動物性タンパク不足の人
出生後も鉄タンパク不足の母乳を飲み、鉄タンパク不足の食事となる
子供=成長期なので成人より鉄需要が大きい
そうなると子どもも当然鉄不足となり、フェリチン50以下となる
10歳頃までは男の子のフェリチン=女の子のフェリチン
そうなると鉄不足に脆弱な男の子の方が自閉症スペクトラム(自閉症、ADHD)になりやすいということになる

ADHDの症状はレストレスレッグス症候群の症状なのでは?
しかし、ADHDのフェリチンを調べた研究はないだろうね
AD