”統合失調症治療もがん治療も基本は同じ”、と言ったら皆ビックリする?

こんなこと言ったら、ほとんどの医者は”そんなことあるわけねーだろー”と激怒しそう。
でも今までの記事を見てきた人には理解できるはず。

すべての慢性疾患は、質的な栄養失調が原因。
質的な栄養失調=糖質過多+タンパク不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足=ATP不足。
バランス良く食事をしている人は全員、健康な人も病気の人も質的な栄養失調。

遺伝子的な弱点、すなわち確率的親和力の低い代謝の部分から代謝障害を生じて、病気になる。
質的な栄養失調を改善させれば、病気は快方に向かう。
つまり、高タンパク/低糖質食+生クリーム、バター+ビタミン+ミネラル。
疾患による違いは、1)どの程度厳格に行わないといけないか、2)どのビタミン、ミネラルを重視するか、のみ。
がんは難病なので、当然断糖+生クリーム毎日(もしくはイントラリポス)。
他の慢性疾患では、そこまで厳密にしなくても治るはず。
女性のうつ、パニックなど糖質を半分にして、タンパク質を2倍にすれば、もうこれで半分治ったようなもの。

生物生存のためには鉄不足があってはならない。
まず最初に、鉄不足を改善することが最重要。
鉄不足があれば電子伝達系が働かず、好気性解糖に入れず、ケトン体が使えないためATP不足が改善されない。

鉄不足が改善すれば、女性のうつ、パニックは完治する。
統合失調症なら、ナイアシン、C重視(約70%に有効)、オプションでB6+Zn(20%に有効)。
がんなら、B+C重視。

統合失調症=ナイアシン不足=ペラグラ。
がん=B1不足+C不足=脚気+壊血病。

病気の予防には、B50-、C、ミネラル処方(Fe,Zn,Mg)。
ATPがたっぷりあれば、病気にはならないはず。