コウ・パピィです。

 



さて思いがけず時間ができてしまった日曜日の午後。



行くとしたらサンピエトロ大聖堂だな~と思い、



バスに乗ってヴァチカン市国へ向かいました。



エネルギーが体感できるようになってから、



世界のパワースポットを再訪するって良いもんです。






せっかく来たのでヴァチカンの広場から



龍神サロンむけにライブ配信をしました。



大聖堂も入れたら良いのですけど、



昔と違ってなかへ入るのに行列があります。



無理かなあと思って広場をウロウロしてました。













でも行列をよく見てみると、思ったより長くありません。



荷物のセキュリティで20人x4列くらい並んでいるだけです。



ん、これなら10分も待たずに中へ入れそうだぞ。



期待してないと思いがけないご褒美感がありますね。













大聖堂の中へ入ってみると・・・





うわー



やべえなー



歴史のあるキリスト教系の建造物って



身体が勝手に反応するんですよね。










泣きそうになりながら大聖堂の中を歩きました。



観光客が多いので、落ち着いて祈りをささげる



場所はあまりないのですが、手をあわせました。



30分くらいして帰ろうかな~と思ったら・・・












なんと奥のほうでパイプオルガンの演奏と合唱が



聞こえてくるじゃありませんか!



ミサが始まったようです。



これはタイミングいいなあと思って映像を撮りました。



大聖堂の奥でミサが行われているのですが、



観光客は柵の手前までしか行けません。



警備の人に聞いたら「ビジターはダメです」というお返事。











でもしばらく様子を見ていたら、明らかに観光客だろ!



という人たちも中へ入っていきます。



可否の基準は何だろう?と思って入る人たちをみてましたが



パスがあるわけでもないし、十字架を持ってるわけでもない。



要するに「私はクリスチャンでミサに参加する権利がある」



という自己申告で関門を突破できそうです!









そうかそれなら今、私はクリスチャンになります。


いや、なりました。てかずっと昔、


前世でクリスチャンでした(笑)










という感じで、自分に言い聞かせ



団体さん10人くらいが中へ入るタイミングを見て



どさくさに紛れて中へ入っちゃいました(笑)



ちゃんと前で神さまに祈りを捧げるからOKでしょ。













さて、間近で体験するサンピエトロ大聖堂のミサ。



自分の過去世が揺り起こされる感じがします。



特に何が見えたとか、イメージが浮かんだとかないですが



ひたすら光のシャワーを浴びていました。



身体中のすべてのチャクラを開いて、



大聖堂に入ってくる光と、



オルガンと合唱の聖なる音に身を任せます。



















結局クリスチャンじゃないけどミサの儀式に



最後まで参加してしまいました。



でも昔から思ってたんですけど、



自分の胸に十字を切るのって違和感がないんですよ。



本当に敬虔なクリスチャンだったのだと思います。










図らずもサッカーのチケットが手に入らなかったおかげで



カトリック教会の総本山サンピエトロ大聖堂で



聖なる儀式に参加することができました。



これを神さまの采配と言わずに何といえばよいのやら・・・



ありがたく、その流れに乗って祈りを捧げました。








* 映像は後日アップしたいと思います