富山の酒蔵ロケは、日本酒とウイスキー。醸造と蒸留を。 | 古典酒場編集長酔いどれブログ

富山の酒蔵ロケは、日本酒とウイスキー。醸造と蒸留を。

********************

呑も! 呑も!千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<3753>

山頭火<岡山県>

********************

 

【この日のほろ酔い場所】

富山・砺波「若鶴酒造」

富山・富山「池田屋安兵衛商店」

富山・富山「親爺」

富山・富山「日の出」

 

 

 

 

 

<古い蔵を、素敵にリノベーションされていらっしゃいます>

 

 

 

 

 

 

<うふふふ。口福すぎる時間❤️>

 

 

<油田駅から、すぐという好立地。酒蔵見学にお邪魔しやすい蔵です>

 

 

 

 

酒旅番組

「にっぽん酒処めぐり」@CS旅チャンネル

富山ロケ

二日目。

 

朝から

酒蔵さんにお邪魔します。

 

今回は

「若鶴酒造」さん。

 

ウイスキー「三郎丸」を

蒸留している酒蔵でもあります。

 

大好きだった

「バーみのる」@新宿・思い出横丁

閉店後、

 

あの

ザ・昭和な空間を

そのまま維持してくださった

「牛肉処・キクヤ」さんで

 

呑んだ

「三郎丸0」。

 

これが

好きな味わいで。

 

以来、

ここの蒸留所に行って見たいと

思っていたのでした。

 

嬉しいな〜〜〜〜!!!

 

老舗の日本酒蔵さんでも

いらっしゃるので、

 

今回は、

日本酒とウイスキーの

醸造と、蒸留。

 

ふたつの造りを

ロケさせていただけるのです。

 

ますますに

嬉しい〜〜〜〜!!!

 

まずは

日本酒蔵の方から。

 

まさに

酒造り真っ最中のところ

入らせていただき、

 

杜氏さんと若手蔵人さんの

競作酒、

その瞬間も拝見させていただけ

感動しきり。

 

ここの酒蔵さんは

さらに面白い歴史も

持っていらっしゃって

それが

ますますに興味深い。

 

そして

ウイスキー蔵。

 

これまた

独自開発の

ポットスチル。

 

富山の伝統技術

高岡銅器の鋳物で

作られたもの

美しく。。。

 

あのウイスキーは

こうやって

造られているんだぁ。

 

あぁ、

呑みたい。。。

 

酒欲が

爆発しそうになっていたところへ、、、

 

お待ちかねの

試飲(という名の鯨飲)。

 

若鶴の日本酒と

三郎丸のウイスキーと。

 

2021年の

ニューポットまで

味わわせていただき、

 

テンション、

上がること、上がること。

 

「度数が高いので

全部はお呑みにならない方が、、、」

 

忠告されている側から

 

ごくごくごく〜〜。

 

干す。

 

口福!

 

*蔵の詳細と、お酒の味わいの詳細は、放送本編でお楽しみください。

 

*「にっぽん酒処めぐり」@CS旅チャンネル

 

 

 

 

 

富山編は

下記にて放送されます。

 

# 35 富山県氷見市・砺波市HD

 

01/15 (土) 09:30 ~ 10:00

01/16 (日) 19:30 ~ 20:00

01/18 (火) 15:00 ~ 15:30

01/18 (火) 23:00 ~ 23:30

01/18 (火) 29:00 ~ 29:30

02/24 (木) 13:00 ~ 13:30

02/24 (木) 21:00 ~ 21:30

02/24 (木) 27:00 ~ 27:30

# 36 富山県富山市HD

01/22 (土) 09:30 ~ 10:00初

01/23 (日) 19:30 ~ 20:00

01/25 (火) 15:00 ~ 15:30

01/25 (火) 23:00 ~ 23:30

01/25 (火) 29:00 ~ 29:30

01/29 (土) 09:30 ~ 10:00

01/30 (日) 19:30 ~ 20:00

02/01 (火) 15:00 ~ 15:30

02/01 (火) 23:00 ~ 23:30

02/01 (火) 29:00 ~ 29:30

 

(2021.11.25)