「令和」元年初日の大入り袋に、自分の名前が! 第15代木村庄太郎さん筆。 | 古典酒場編集長酔いどれブログ

「令和」元年初日の大入り袋に、自分の名前が! 第15代木村庄太郎さん筆。

********************

呑も! 呑も!千葉・山口・ 岡山・広島・熊本・東北のお酒<3016>

酔仙<岩手県>

********************

 

【この日のほろ酔い場所】

川崎「おさやん」

川崎「古典酒場部講座」@よみうりカルチャー

鶴見市場「正木屋」

蒲田「金春」

 

<「令和」元年初日の記念すべき大入袋に、第15代木村庄太郎さんが名前を書いてくださいました!!!>

 

<この日の講座酒。相撲にちなんでのセレクト>

 

<あたくしめは、熊本の酒蔵「瑞鷹」の「崇薫 純米吟醸」を持参>

 

<生徒さんたちがご持参くださったおつまみの数々>

 

 

<今回のゲスト講師は、第15代木村庄太郎さん>

 

 

<生徒さん一人一人のお名前を書いてくださいました。ありがとうございました>

 

 

 

第15代木村庄太郎さんと

打ち合わせも兼ねた

 

ふたり0次会を

やった後は。

 

「古典酒場部講座」川崎教室へ。

 

この日の

ご用意させていただいた

講座酒は

 

相撲にちなんで

「大関 純米大吟醸 決まり手」。

 

生徒さんたちが

そのお酒に

合いそうな

おつまみを

 

盛りだくさんで

ご用意くださっております。

 

嬉しいですねえ。

 

あたくしめが

持参した

 

熊本の酒蔵「瑞鷹」

(熊本地震で

最大なる被害のあった酒蔵。

まだ完全復興がなっていない中、

今年の全国新酒鑑評会で

金賞を受賞しました!!!

素晴らしい!!!)

 

「崇薫 純米吟醸」

 

みんなで

味わいながら、、、

 

庄太郎さんの

お話。

 

いやぁ、

聞きしに勝る

大酒呑み、

 

酒笑い話

枚挙にいとまがありません。

 

それに加え、

 

今回の講座のために、

 

なんと、

「令和」元年初日の

大入袋を

たっくさん

ご持参くださり、

 

生徒さん

一人一人の

お名前を

 

その場で

書き入れてくださるでは

ないですか!!!

 

うわ〜〜、

すごい、すごい、すごい!!!

 

この「令和」元年初日の

大入袋、

これは

 

「令和」元年初日であるので

もちろん

貴重なものである上に、

 

「平成」の時は、

昭和天皇の喪に服していたので、

大入袋は出なかったとのこと。

 

まさに

記念すべき

大入袋に

 

自分の名前が!!!

 

<続く>

(2019.6.1)