築5年の経過報告 ~ガレージその1~ | THE 中島邸 ~分離発注で挑む建築日記~

THE 中島邸 ~分離発注で挑む建築日記~

人生計画に無かった戸建て生活案が突如浮上。
紆余曲折を経て至った結論は「オープンシステム(現「イエヒト」)の分離発注で家を建てる」。
分離発注って何?ガレージライフ、アクアリウムリビング、ウッドデッキからの眺望を楽しむ目標は達成できたのか?


テーマ:
ガソリンの価格上昇が一気に進み、ハイオクは170円/Lを突破しました。
100円/Lだった時代もあるのですが。
振り返って現実逃避したい男、こたちゃんです。

今日は、ガレージ、の話。

さて、竣工後満5年を既に半年近くオーバーしておりますが、節目として一通りの経過報告をしていこうと思います。

第一弾は、ガレージです。

前回の日記でも、ガレージのシャッターについては、報告しました通りです。

ガレージドア

「ガレージハウスなんだから、ガレージのメンテぐらいちゃんとやろうぜ!」え゛!

と、心の中では思っています。
が、いろいろバタバタしてるとねぇ・・・。

で、現在のガレージの様子です。

ガレージの中

ここにはFIAT500が収まっていたのですが。

FIAT500ラストデイ

昨年、意を決して手放しました。
結局、直す目処が立たず、写真の"スカ爺"こと、プリンス・スカイライン 2000GT-Aが、屋外駐車&通勤下駄クルマとして、限界を迎えつつあり、延命策として温存せざるを得なくなりました。

FIAT500は新しいオーナーの元で、元気に走ってるらしいです。

ガレージのサイズは、FIAT500が入れば良し、としていたのですが、念のため、スカ爺が収まるようにしておきました。
良い判断でした。

ガレージの中

ギリギリ入ります。

ガレージ左

本当にギリギリ。

ガレージ右

狭いガレージが、一層狭くなりました。

しかも、今は更に自転車が3台突っ込まれています。

但し、スカ爺は自走出来るので、ガレージから出してしまえば、広々使えます。

ガレージ内部

FIAT500は動かなかったですからね。
この差が大きいんですよ。

そんなわけで、ガレージ内は一時期カオスと化していたのですが、今はただの混乱状態程度で収まっています。

つづく。

こたちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス