【まとめ2】芸能人の卒業アルバム(卒アル)整形前のひどい写真 | さえないサラリーマンの日記。

さえないサラリーマンの日記。

普段は『さえないサラリーマン』ですが、ブログサイト上では芸能人・タレントの情報をはじめとして、豊胸・バストアップ関係のプロフェッショナルとして活動しています。
ただ"それ"だけと言われればそれまでだが、"それ"に特化した10年以上続いている老舗ブログ。


テーマ:
【まとめ1】芸能人の卒業アルバム(卒アル)整形前のひどい写真の続きです。


俳優(女優)&芸能人部門


生野陽子(フジテレビ女子アナウンサー)

今よりも目が小さい。


 
中野美奈子(フジテレビ女子アナウンサー)

今と何も変わらずそのまんま。



仲間由紀恵

とても整った顔立ちで、今よりも圧倒的にカワイイ。そういう意味では今は劣化してしまいましたね。


 
戸田恵梨香

昔の方が純粋そうでいいですし、今は性格の悪さが顔に滲み出ています。


 
剛力彩芽

この頃からヘンテコな踊りを踊っていたのでしょうか?


 
山田孝之

この頃の肌の質感からは、今のほっぺたから毛が生えるほどのヒゲ顔を想像もできない。
あえて男性ホルモンを注入したのだろうか?


 
能年玲奈

今の天真爛漫さの面影はどこにもなく、むしろ冷酷さを感じる。


 
ローラ

日本人離れした顔をしているが、今とは全くの別人。


 
小出恵介(中学生)
 
普通過ぎてノーコメント



小出恵介(高校生)

中学生の時の幼さは消えたし、右の方から強風が吹いている。



福山雅治

昔からハンサムです。


 
水島ヒロ

サッカーで全国大会に出場の経験も持ち、この顔ですからさぞモテたのでしょうね。
本名の斉藤智裕とは全く異なる芸名は何か意味があるのか分からないが、急に小説を書いたりよく分からない一面を持つ人物であることは間違いない。


 
長澤まさみ

この頃が美と人気のピークだったのではないだろうか?今は福田彩乃がマネしているイメージしか残っていない。


 
新垣結衣

雲一つない晴天のような屈託のない笑顔が素敵ですし、今もご健在です。


 
南明奈

顔自体はあまり変わってはいないが、自分の苦手な仕事は断り続けて、現在少し干され気味なのは、この頃のワガママっぽい顔や表情からも伝わってくる。
浜口優とどうぞお幸せに。


 
奈々緒

過去にサエサラでも紹介したが、信じられないほどの能面ヅラに引いてしまう。
遺伝子を残す事は考えると躊躇するレベル。


 
香里奈

今も当時もキレイな方だが最近消え気味ですね。



沢尻エリカ

この頃の写真を見て、『別に・・・』という発言をするなんて誰が想像できるでしょう。
人は調子にノリ過ぎると顔も性格も変わってしまうという代表的な失敗例でしょう。



 
川口春奈

今と全く変わらないが、低視聴率女王のレッテルはいつまで張られるのだろうか?

 
 
本田翼

現在のショートカットもカワイイがロングヘアーもたまらない。クラスの男子の半分以上の夜のオカズになっていた事は言うまでもない。


 
スザンヌ

外人かと思いきや、純粋な日本名。最近あまり見ないし興味がない。


 
小野真弓

この頃は初代アイフルガールに相応しい純粋さを兼ね備えているが、現在はセミヌードを披露したりと、全く別の路線を突っ走っている。

 
 
武井咲

去年か一昨年にブレイクした女優に挙げられていたが、この子を好きという人に出会った事がないのに現在もメディアに出続けているのが疑問だが、今も昔もそれなりにカワイイレベル。


 
加護亜依

未成年の喫煙写真がきっかけで干されてからの転落っぷりはハンパじゃなかった。
この頃の初々しさはもう微塵もない。今は未亡人の団地妻みたいな肩書が似合う。


 
岸本セシル

親がせっかく付けてくれたキラキラネームをあえてカタカナに戻すのは事務所の戦略的なところであろうが、今後キラキラネームの芸能人が増えていくであろう時代の中でこの子みたいにカタカナになる子は増えてくるであろう。


 
上戸彩

当ブログ(サエサラ)には何度も登場している上戸さまですが、この頃から屈託のない笑顔は健在で、HIROがこの頃から狙っていたと考えるとやるせない気持ちになる。



熊田曜子

面影ははっきりあるが、どこかあか抜けない感じもあり、整形説や豊胸説を否定も肯定もできない写真。


 
佐々木希

この当時はあまり可愛くないが、恥ずかしくて唇を噛んでいるあたりが堪らない。この子はむしろ今が一番カワイイ時期なのではないだろうか?


 
矢口真里

この頃から全く可愛くもないのに、運だけでのし上がり、旦那以外の男を家に連れ込んだ凶悪犯。もうこの人の需要は、MDの需要よりも低いのではないだろうか?



小池徹平

爬虫類的な顔をしているが、今もそのまま大人になったような顔。


 
堀北真希

個人的には全く好きではないが、今はこの頃より少し色気が出てきた印象。


 
小倉優子

可愛くないわけではないが、どこかいじったのではないかと不安になる当時の写真。


 
榮倉奈々

ドラマの小道具用に作ったのではないかという程、今と全く変わらない。


 
乙葉

グラビアアイドルだった事が幻だったくらいに可愛くない。



向井理

この写真からはあのハンサムっぷりは感じない。


 
里田まい

この子がマー君を射止めるなんて誰が想像したでしょうか?カントリー娘からの大躍進っぷりは、世の婚活中の女性にセミナーでも開いてあげてほしい。



夏帆

全てにおいて、絵にかいたような清楚っぷりです。



山田優

お猿のような顔と表情は昔から健在です。


  
舟山久美子(くみっきー)

全く面影はなく、今は整形しているのか、メイクの技術が進んだのかがきわどいレベル。


 
山本裕典

ただただモテる顔をしている。


 
ギャル曽根

この写真で紹介してもらったら、会って後悔するレベル。



優香

この頃からモテたであろうが、大好きだった彼氏に振られて、見返してやろうと思って受けたオーディションに受かった事がきっかけで芸能界デビューを果たしたのは有名な話。



多部未華子

この子は何も悪くないし、嫌いでもなんでもないが、これからもチョイブスというジャンルを是非突き進んでもらいたい。



マギー

このクラスの美人が隣の席になろうもんなら、授業に全く集中できず、留年するレベル。


 
川島海荷

この子は今ネット上での劣化が騒がれているが、確かにこの頃の整った顔が懐かしく思える程、変化してきている気がする。



深田恭子

今は整形を繰り返し別人になってしまいましたね。
深田恭子の整形疑惑を徹底調査!ダイエット後の体重とポロリ画像



益若つばさ

もはや別人です。



オダギリジョー

独特な雰囲気は当時から持ち合わせていたようです。



松嶋菜々子

この後、とんねるずの番組でクネクネして反町さんの上でもクネクネしたというのは有名な話。



反町隆史

スポーツ少年っぽい爽やかさは当時からお持ちだったようです。



木下優樹菜

青春時代に遊びすぎた反動でバカになり、フジモンに落ち着いた人。



平野綾

オタクをターゲットに商売をして人気を得ていたのに、オタク気持ち悪い扱い発言をしてしまって完全に干されてしまった人。



サエコ

ダルビッシュと別れてからというもの悪女の印象が強いが、当時はとても可愛らしいですね。
しかしこのよくわからない苗字と究極の音痴と悪女という事を加味すると、付き合えないレベル。



三浦春馬

爽やかの押し売りのようなこのキャラが私は嫌いです。



石原さとみ

芸名とは全く異なる本名だが、この子はこの頃に比べるととてもあか抜けた。


 
綾瀬はるか

苗字がへんてこりんだし、今の清楚な印象とは少し異なり、少しケバケバしい印象。



上地雄介

背景が白黒だったら間違いなく戦時中の写真と区別が付かないであろう。



北川景子

少しあか抜けない感じだが、この頃から整っている。



速水もこみち

一生笑いものにされるレベルの髪型だが、イケてると思って本人がやったのか、罰ゲームでやらされたのかだけが気になる1枚。



以上で芸能人の卒アルのまとめは終わりになりますが、明らかに顔いじったな?って人もいれば、当時から順調に成長した方もいれば様々だが、



冒頭に述べた『卒アル写真で将来が見える』は全員に当てはまるわけではなさそうだ。



最後に1枚の写真を貼り忘れたので、紹介しようと思うが、恐らくこの人が世界の卒アル写真史上で一番美しい姿で写っており、他の追随を許さないくらいのオーラを放っている。



それではご覧下さい。



美輪明宏(当時15歳)
 

遺伝子操作を施して生まれてきたのではないかというレベルに整っており、

美輪明宏

どうしてこうなってしまったのかを考えると夜も眠れない。 



逆にこの卒アルの写真から、今のあの黄色い髪のオバサンの姿が想像できる方がいるのであれば、最近情緒不安定な私の未来も占ってほしいものだ。




DMM mobileデビュー!基本料金¥0キャンペーン実施中!

コタシャーンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります