次回ヘアアイロンとかやります!

と宣言したものの

 

セーラームーンのウィッグ

 

ストレートになったり

 

変なカールになったり

 

ストレートになったり

 

縮れたり

 

とりあえず別のウィッグストレートにしてみたり

 

元に戻らなくなったり

 

ちょっぴり阿鼻叫喚のなか

 

 

 

おちこんだりもしたけれど

私は元気です!

 

 

 

 

 

さて、新年度も始まり

 

新たな船出をされた方

 

ドキドキ ワクワクな事が起こっている方

 

いろんな方がいらっしゃると思います。

 

 

 

我らがボークスもニュースで取り上げられたり

ちょっぴりドキドキです

 

 

 

 

ワクワクといえば、

毎回楽しみにしている

 

[大人のご褒美パフェ]

 

ストリングスホテル名古屋グラマシースイートさんで食べられる、ちょっと豪華なパフェ。

4月から新しくなりましたので、さっそく行ってきました。

 

 

 

4月1日~5月31日はコレ

彩りと香りを楽しめる大人のご褒美パフェ

 

 

”愛知県産いちごと柑橘香るアールグレイのフルーツパフェ”

が食べられます。

 

ランチのデザートをパフェに変える事もできるので

今回は簡単なランチと一緒に食べました。

 

 

 

 

 

とても良い天気

 

 

窓から見える大聖堂が素敵です。

 

 

まずはランチから

 

[アペリティフ]

 

 

ノンアルコールを頼みましたが、高級マスカット炭酸ジュースな感じ

とても美味しいです。

 

 

 

[ファーストディッシュ]

 

雪下人参のスープ 木苺のエスプーマ デュカの香り

 

 

とても甘みのあるニンジンのスープ

 

ニンジン嫌いな嫁さんが

 

「美味しい!」

 

と喜んでいたのが嬉しかったです。

 

 

 

[サラダ]

 

アボガドのセモリナ揚げ キヌアと青豆のサラダ ハニーロメスコソース

 

 

ちょっとエスニックなソースと卵の黄身を混ぜて

それをアボガドにつけて食べます

 

 

こんな感じで黄身が半熟です、白身でコーティングしてる感じ

どうやって作るんでしょう?

 

 

アボガドに付けて食べます

かなり美味しいです

 

 

 

[メイン]

(私と嫁とで別な物を頼んで分けています)

 

鰆のミキュイ しらすと生姜のコンディメント 春芹と玉葱のフリットと共に

 

 

魚料理なんですが、魚特有の味が残らずサラッとしてるんです。

生姜の効果なんでしょうか?すごくスッキリとした魚料理

新感覚でした。

 

もちろん美味しいです。

 

 

ポークフィレとベーコンのポーピエット 焦がしバターの香りをのせて

 

 

お肉!って感じ

 

この価格帯のコースで、しっかりとしたお肉が食べられるのは満足感があります。

とても風味が良かったです。

 

 

 

[デザート]

 

高知県産 黄柚子のクリーム ライチのアクセント

 

 

ゆずの香りが素敵でした。

 

デザートは、一つをパフェに変えてるので半分こづつでしたが、美味しいので十分楽しめました。

 

 

 

この後、紅茶かコーヒーが付いています

 

 

 


そしてお待ちかねの

[パフェ]

 

 

豪華!

 

 

中央にあるソフトクリームが紅茶のアールグレイ味です。

中央でチョコレートの円盤で仕切られており

下の部分はフルーツでいっぱいです。

 

 

口に入れた瞬間

濃厚なアールグレイの香りが口いっぱいに広がり

 

「あぁ 食べに来てよかった・・・」

 

と感じさせてくれる大人のご褒美パフェ

 

今回も大満足でした。

 

 

次回のパフェも、とても楽しみです。

 

 

 

 

ブログではまだ書いてませんが、グラマシースイートさんはサンドイッチも凄く美味しいです。

 

特に

[ストリングスビーフバーガー]

が絶品です

 

いつかレポしたいですね。

AD

週末のチョコな一時

テーマ:

前回のチョコを嫁さんと食べました。

 

 

さすがに綺麗だなと

 

 

 

 

 

 

 

今回は甘さ控えめな大人のチョコらしいので

ワインは甘めをチョイス

 

イタリアのマスカット品種で作られた、微発泡のデザートワインを選びました。

 

嫁さんは嫁さんでチョコを買ってますので

これは、嫁さんへの感謝チョコです。

 

 

 

[Chocolatines]

写真上側の青と赤のチョコです

 

さすがアカデミー賞のショコラと言われるだけあって

口に広がる香りは、””を感じさせる

他にはないオリジナルのもの

 

甘すぎず、口溶けも良く、

後味もしつこくない

洗練という言葉が似合う大人のチョコです。

 

見た目も綺麗で、さすが超セレブ達へのお持てなしに選ばれるだけの事はあると

 

 

お値段はわけのわからない高さですが、

一度は食べてみても良いチョコだと思いました。

 

一度だけです。

 

 

 

[BVLGARI]

写真下のふたつです。

 

有名すぎる宝飾ブランド

そのブルガリが、希少素材を使って世に送り出すチョコですから

その味は素晴らしいもので・・・

 

 

うん 主張しすぎない味と

 

チョコレートらしいチョコと

 

その 安心させる記憶にある味

 

その 普通というか

 

奇をてらわない、堅実な

 

歴史を感じさせる

 

 

なにしろブルガリなわけですから

 

そこに価値があるわけで

 

 

 

その

 

 

 

チョコの

 

 

 

・・・・

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*個人の感想です

AD

に!

 

行ってきましたよ

 

(詳しくは

 http://www.strings-hotel.jp/nagoya/recommend/restaurant/cafe/1603.html

 

 

お寿司

フレンチ

新感覚

という面白そうな企画

 

これは参加するしかないです!

 
 
 
 

 

 

 

ディナーです 雰囲気良いテーブル

 

 

窓からは教会?が見えます

 

 

 

食前酒の到着

 

今日のコースは、フレンチな日本酒

 

 

梅酒のブランデー

 

こういうのあるんですね

 

 

飲んだ感じは、

まさに梅酒のブランデー!

直球でした

 

 

 

 

総料理長さんの挨拶の後

 

 

[冷菜]
深海と球体のイメージ
(鮑/海老/山葵)

 

 

 

真ん中がワサビのプルプルしたソース

それを、鮑に乗せて食べます

 

 

上の茶色い板はえびせんべぇみたいなものです

 

ワサビソースはまろやかでツンとする感じが無く、いろんな料理と相性が良さそうです

 

アワビの食感を楽しむ事を邪魔しないバランスが良いな思いました。

 

 

 

ここでお酒登場

 

 

日本酒のロゼ

 

これ美味しいです

赤ワインの苦手な人でも安心して飲めます

基本は日本酒ですからね

 

 

[温菜]

フォアグラいなり
二種の醗酵 フランスと日本のオマージュ
(フォアグラ/西京味噌/守口漬)

 

 

 

いなり寿司の中にフォアグラが入っています

スープのようなものが守口漬のソース

 

まずはいなりだけで食べて

次はソースを付けて食べる
 
味の組み合わせの違いを楽しんで欲しいとの事
 
 
守口漬がこんなに素敵なソースになるなんて・・・
 
やっぱりフレンチはソースが素晴らしいと思います。
 
そして
 
 
フォアグラ
寿司ご飯 
うめぇ!!
 
 
相性いいんですね
 
フォアグラ好きには至高のいなり寿司でしょう
 
 
イオンとかナフコも作ってくれよ・・
安いフォアグラでいいからさ・・・
と思う私ですた
 
 
 
 
[サラダ]
手打ちUDON
のど越し ひとときの設え
(サーモン/胡麻/アメーラ)
 
 
 
うどんは中力粉に少しだけ強力粉を入れたオリジナルだそうです
 
上に乗っているツブツブは、イクラをシェリービネガー漬けにしたもの
ゴマのソースと一緒に食べるとゴマのコクが弱まりサッパリとした味になります。
うどんの下にサーモンがあります
 
 
食べてる時には、いろいろ嫁さんと美味しさについて話してたのですが、既にべろんべろんに酔っ払っていたので、ほとんど記憶に残っていません
 
 
美味しかったという記憶はあります!
 
 
 
 
そしてこれ
 
[焼き物]
金目鯛 焼き寿司
芳香と旨味のマリアージュ
(金目鯛/ディル/柚子)
 
 
 
下は金目鯛と焼き寿司とピンクペッパー
上は金目鯛と寿司とグリーンペッパー
 
で!
 
この上の部分が今日の一番の美味しさでした
 
口に入れると広がるグリーンペッパーの爽やかさと鯛寿司の美味しさ
 
本来の日本のお寿司だと上に乗ってる食材は一品で、その食材の味をどれだけ引き出すかが美味しさの基準だと思いますが、フレンチ流にすると、鯛というメインがありながらも、それを引き立たせる他の味との調和が素晴らしいです
 
こんな寿司は初めて
寿司のレボリューションや~ って感じでした
 
これ定番メニューにならないかな・・・
 
 
 
 
[口福]
愛知 國盛
檸檬と塩のグラニテ
(國盛/塩/檸檬)
 
 
国盛り!
いつもの国盛りですが
サッパリとして飲みやすいですね
 
改めて美味しさを実感
 
 
そしてレモンのシャーベット
 
 
 
升に氷が入っています
 
この演出良いですね
お家でもできます
 
 
 
 
[〆]
三河鶏 軍艦
新感覚 親子丼
(三河鶏/青葱/卵黄)
 
 
 
グラマシー流 親子丼
だそうです
 
緑の丸いのは九条ネギのソース
鶏皮をパリッと揚げたチップを黄身に乗せて一口で食べます
 
おいぃしぃぃ!!!
 
親子丼の甘めのご飯を楽しみながら
濃い黄身が口の中に広がり濃厚さを演出
 
至福の一口です
 
これだけで1日仕事頑張れそうな勢い
 
美味しい食事って幸せになれます
 
 
 
 
 
[洋菓子]
トンカ豆 青紫蘇
和ティラミス
(トンカ豆/よもぎ/青紫蘇)
 
 
 
上に乗っているのは
ミントで、地中海のアレキサンドリアという品種だそうです
 
ヨモギのスポンジケーキ
トンカ豆のバニラ
トンカ豆は嫁さん大好きな香りです
 
こちらも満足なデザートでした
 
あと ミントのハーブティーでコース終了
 
 
今回はお寿司という事で、フレンチっぽい握り寿司がいくつか食べられるのかなと思っていましたが
 
完全なフレンチでした
 
そして、にぎり寿司のように一口で表現する為、緻密に計算された味の組み合わせや食材の選定
 
凄い賞味会だなと
 
この第一回に参加できたのは運が良かったです
 
とても満足なディナーを楽しめました
 
 
 
さて、満足できたので帰ろうかと思ってると
 
 
嫁「ストリングスホテル来たんだから、パフェ食べたい」
 
 
大号令が出たので従います
 
 
 
夜遅かったので大丈夫かなと思いましたが、ジリオンさんが席を用意してくれました
 
 
 
私はジリオンさんは初めてです
 
パフェが食べられるのでご機嫌な嫁
 
 
シャンデリアとか
 
 
 
なんか凄いですジリオン
 
パフェを持ってご満悦な嫁
 
 
大人のご褒美パフェはやっぱり美味しいです
今回のチョコで3種たべたわけですが
パフェは、こことピエールマルコリーニ行っておけばOKかなと
秋もモンブランパフェが出るそうなので楽しみです
↓コレ

http://www.strings-hotel.jp/nagoya/recommend/restaurant/cafe/1660.html

 

 

 

夜景も綺麗

 

 
 
どこかで見たようなエクステリア・・
気になって調べてみたら
ストリングスホテルって、結婚式場のアートグレースの会社がやってたんですね
なんかいろいろ納得
 
最近はブライダル企業がレストラン業も頑張ってるなと思います。
 
名古屋がこういう分野で活気がでてくるなといいなっ!
 
次回は、本格的にコース料理も食べてみようと思います。
 
 
 
 
 
 
AD