週末のチョコな一時

テーマ:

前回のチョコを嫁さんと食べました。

 

 

さすがに綺麗だなと

 

 

 

 

 

 

 

今回は甘さ控えめな大人のチョコらしいので

ワインは甘めをチョイス

 

イタリアのマスカット品種で作られた、微発泡のデザートワインを選びました。

 

嫁さんは嫁さんでチョコを買ってますので

これは、嫁さんへの感謝チョコです。

 

 

 

[Chocolatines]

写真上側の青と赤のチョコです

 

さすがアカデミー賞のショコラと言われるだけあって

口に広がる香りは、””を感じさせる

他にはないオリジナルのもの

 

甘すぎず、口溶けも良く、

後味もしつこくない

洗練という言葉が似合う大人のチョコです。

 

見た目も綺麗で、さすが超セレブ達へのお持てなしに選ばれるだけの事はあると

 

 

お値段はわけのわからない高さですが、

一度は食べてみても良いチョコだと思いました。

 

一度だけです。

 

 

 

[BVLGARI]

写真下のふたつです。

 

有名すぎる宝飾ブランド

そのブルガリが、希少素材を使って世に送り出すチョコですから

その味は素晴らしいもので・・・

 

 

うん 主張しすぎない味と

 

チョコレートらしいチョコと

 

その 安心させる記憶にある味

 

その 普通というか

 

奇をてらわない、堅実な

 

歴史を感じさせる

 

 

なにしろブルガリなわけですから

 

そこに価値があるわけで

 

 

 

その

 

 

 

チョコの

 

 

 

・・・・

 

 

 

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*個人の感想です