型紙のベースができたので

それを元に型紙を作ります

 

 

 

ベースをスキャナで取り込み、

線を整えた後に、残りの半分を反転させて作ります

 

そして印刷

 

 

取り込み印刷

私は300dpi(解像度)でやっています

 

 

 

これをカッティングしてパーツを作成

組んでみて、型紙がきちんとできているか、確認します

 

 

 

まずはカッティング

 

 

 

 

テープで貼り合わせて

 

 

 

 

 

 

良い感じ

 

 

 

残りも

 

 

 

おやおや

長さが違っていますね

 

 

修正ポイントを発見できました

 

 

服の素材が伸縮がある布とはいえ、最初から誤差がある型紙ではダメだと思います。

 

 

 

肩も繋いで

 

 

 

 

実際に着せてみます

 

 

 

 

良い感じ!

 

 

 

それでは、サイドも貼り合わせて・・・

 

 

 

って気付きましたが、

これよく見るとウエスト細く作りすぎて、肩が通れないんじゃ・・・

 

 

 

 

 

・・・!

 

 

 

 


背中ファスナーだな!!

 

 

 

 

 

急遽デザインが変わりました!!

 

 

 

 

そして組み上がり

 

 


服ですね!

 

 

 

これを着せてみます

 

 

 

 

サイド

 

 

 

 

後ろ

 

 

できました

 

 

かなり背中を開けないと、肩が通りませんでした

 

 

 

これで一安心

 

 

 

・・・

 

 

ではないんですね

 

 

ファスナーは、人形用の小さいサイズを探しました

 

YKKの ミニファスナーが丁度良いのですが

長さが16cmしかありません

 

他も探しましたが小さいサイズのファスナーは、YKKのが一番長いようです

 

 

 

困ったな・・ 足りないぞ・・・

 

 

 

切れ込み短くするか

 

 

 

・・しかし、単に短くすると、また腰が通らないな・・・

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

背中の開きを作るか・・・

 

 

 

 

さらにデザインの変更です!

 

 

 

 

こういうところが行き当たりばったりフリーデザインの良さですね!

 

 

 

さあ これらの修正を加えて

 

 

型紙の完成です

 

縫い代も作ってあります

 

 

型紙の制作が、ここまで大変だとは・・・

いやはや服作りは奥が深いですね

 

 

 

次回は、これを布に写します。