着物寸法の「繰越」は、
どのような効果があるのか比較してみました。

前提として、
長襦袢の繰越寸法と、着物の繰越寸法は、
同寸が望ましいです。

着物寸法としての比較ですが、
長襦袢で十分比較できると思い、
今回は、長襦袢の比較写真を載せました。




↑左繰越0、右繰越7分

上の写真は、
身体の肩山に、長襦袢の肩山を乗せた写真です。

もちろんのことですが、
繰越0は、男物と同じになるので、
男っぽい着姿になっています。

繰越7分の方は、
長襦袢の肩山から7分背中側から衿を付ける(厳密には違いますが)ので、
この時点で少し衣紋が抜けた様な着姿になります。


↑背中の同じ位置まで衣紋を抜きました。

↑後ろから見ると、衿の形が違います。

↑ちなみに、繰越0の方だけ、
少し衣紋を抜いてみました。


いかがでしようか。

私は色々とありすぎて、
ブログに書けない状態です(笑)

何かの参考になれば嬉しいです。


《関連記事》



 
 
 
     
 
■開催講座
2019.09.19 着物の寸法講座 
2019.10.24 着物の寸法講座 
2019.11.07 着物の寸法講座 
2019.11.21 着物の寸法講座 

■関連記事

■お問合せ・お申込みフォーム