ラトル/ロンドン交響楽団演奏会
2018年9月29日(土) 14:00開演 @サントリー・ホール

ラヴェル: マ・メール・ロワ
シマノフスキ: ヴァイオリン協奏曲第1番

(ヴァイオリン・アンコール)

ラヴェル:ハバネラ形式の小品


シベリウス: 交響曲第5番 変ホ長調 op.82
(アンコール)

ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 Op.72-7


ヴァイオリン: ジャニーヌ・ヤンセン
指揮: サー・サイモン・ラトル
ロンドン交響楽団

=============================================

台風の接近による大雨、強風の影響もなく小雨の中で演奏会に行けたのは本当にラッキーでした。

今回はベルリンフィルのシェフを退任したラトルがどのようにロンドン響を指揮するのかとても興味がありました。

「マ・メール・ロワ」はいつも取り留めのない曲に思えてならなかったのですが、今日の演奏は新鮮な緊張感に溢れて眠くならずに聴き通すことができました。ロンドン響の軽めの響きがこの曲にあっているのかもしれません。この曲の金管楽器はホルンだけと言う事を今頃知りました。

 

シマノフスキのヴァイオリン協奏曲は今日の演奏会の白眉でした。通常の独奏者の位置ではなくラトルの目の前に立ってオケと一体化した演奏。ヤンセンの深ーい呼吸はこの曲にピッタリ。今まで聴いたヤンセンは普通の大柄な奏者と印象でしたが、今日の演奏は素直に心に染み込んできました。オケと共に混とんとした世界を繰り広げてくれました。ヤンセンって素晴らしいヴァイオリニストだと確信した次第。

アンコールは協奏曲の為にステージ奥に配置されたピアノの脇で演奏。偶然ですが、目の前でヤンセンを聴けたのはラッキー!(^^)!

死角だったピアノは白髪のモジャモジャおじさんだと思ったら何とラトル!演奏後に知りました。

 

後半はシベリウスの交響曲第5番。明るいシベリウスが私のイメージとは異なりましたが、ラトル節全開。ベルリンフィルとのシベリウスとは異なり軽めで上品に感じたのはロンドン響の響きのせいでしょう。アンコールのスラブ舞曲ではオケもはじけてラトル、ロンドン響の魅力一杯でした。

気のせいかラトルも伸び伸びしているように感じました。

 

ベルリンフィルに比べてチケットが安価で取りやすく、アンコールまで聴けるラトル・ロンドン響の演奏会にすっかり満足して帰途に就きました。

 

N響第1893回B定期演奏会

2018年9月27日(木) 19:00開演 @サントリーホール

シューベルト/交響曲 第3番 ニ長調 D.200
R.シュトラウス/ホルン協奏曲 第2番 変ホ長調 

(ホルン・アンコール)

ブラームス/トランペットのための練習曲集より第3曲
 

ベートーヴェン/「プロメテウスの創造物」序曲 
ハイドン/交響曲 第102番 変ロ長調 Hob.I-102

指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ホルン:ラデク・バボラーク
NHK交響楽団

========================================

今夜はN響の新シーズンのB定期の演奏会でした。

演目からどのような演奏会になるのか若干の不安もありましたが結果的にはとても演奏を楽しめる演奏会でした。

 

シューベルトの交響曲3番は冒頭がやや響きすぎに感じられましたが尻上がりに好調。初めて聴くパーヴォ・ヤルヴィのシューベルトは歯切れがよく期待以上に良かったです。バボラークを独奏者に迎えたR.シュトラウスのホルン協奏曲第2番はバボラークのホルンの音色に聞き惚れているうちに終了。特に2楽章ではところどころでバラの騎士を思い浮かべながらうっとり聴いていました。バボラークのアンコールは初めて聴くソロの曲。

後半の「プロメテウス、、、」は鋭い切れ味のパーヴォらしい演奏が迫力満点。そして最後はハイドンの102番。良い演奏だと思いましたが、それまでの3曲を聴いた時に比べて気持ちが集中できなかったです。ヴァイオリンが14名と言うハイドンにしては大きめの編成の響きのせいか若干一本調子にも聞こえました。

 

今シーズンは席替えをしました。今夜の演奏会に限れば周りのお客さんのマナーも良く席替えは成功したようです。

 

 

ヤクブ・フルシャ指揮バンベルク交響楽団来日公演
2018年6月26日(火)19時開演 @ サントリーホール

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番ニ短調

(ピアノアンコール)
バッハ:イギリス組曲第2番 イ短調 BWV807より第5曲ブーレ

ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界から」
(アンコール)
ブラームス(ドヴォルザーク編曲):
 ハンガリー舞曲第17番と21番

ユリアンナ・アヴデーエワ (ピアノ)
ヤクブ・フルシャ(指揮)
バンベルク交響楽団
=====================================================

エコノミー会員券Aシリーズの第一回演奏会でした。
ブラームスはアヴデーエワのピアノのタッチがとても綺麗で魅力的なピアノでした。どちらかと言うとブラームスではなくショパンを思い浮かべるピアノだと感じました。オケはピアノに良く合わせていました。但しピアノとオケの一体感を持ったこの曲特有の迫力はもう一歩に感じました。
ピアノアンコールのとても魅力的な「ブーレ」が聴けて良かったです、

後半の「新世界より」はオーソドックスな演奏でした。2楽章のコールアングレの気持ちのこもった演奏に引き込まれました。これが最大の収穫!(^^)!

エコノミー会員券の引き取りが予想以上に長い列だったの比べ、会場は空席が目立って演奏者に気の毒に感じましたが演奏に対し熱狂的な??反応だったので演奏者の皆さんも満足されたら良いなと感じた次第。
初めて見たのフルシャは、指揮台でジャンプしたり大きな身振りの「暑ーい」指揮をする人でした。写真から勝手にクールなイメージもっていたのですが違いました。思わずピアノと格闘する?マツーエフを連想(笑)。 数年前に同じオケと来日したブロムシュテットのオケに対するコントロールの凄さを改めて実感しながら聴いていました。フルシャも更に経験を積んで偉大な巨匠になってほしいです。何しろ指揮者界は人材不足ですから、、、、
 

N響第1890回Bプロ定期公演

2018年6月21日(木)19:00開演 @ サントリーホール

カバレフスキー: チェロ協奏曲第2番 ハ短調 作品77
(チェロ・アンコール)
伝ナレクの聖グレゴリオ:ハヴン・ハヴン

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 作品64

チェロ:マリオ・ブルネロ
指揮 :尾高忠明
NHK交響楽団
===================================================

組曲「道化師」しか知らないカバレフスキーのチェロ協奏曲と言う非常に珍しい演目。ブルネロもライヴでは初めて聴くチェリスト。拍がはっきりしていて比較的聴きやすい曲でしたが印象には残る曲ではなかったです。3楽章アンダンテ・コンモートの最終部分は何となくドヴォコン2楽章の最後を連想させる部分が興味深かったです。残念ながらブルネロの魅力もわからず
(ブルネロ氏ご自身の意向による曲目変更との事でしたが、残念ながら変更前の曲目を私は覚えていません)。

ビオラトップが川本女史だったので「ドン・キホーテ」だったらもっと良かったのになあとの無い物ねだり(>_<)

アンコールはチェロ・パートと共に演奏されました。「アルメニアン・オールド・ソング」とブルネロの説明が聞き取れましたが、弱音器を使った(?)縦笛を連想させる面白い曲でした。

後半のチャイコフスキーの5番は尾高さんらしい(?)すべて想定内の安定した演奏。

ロトのハルサイを聴いたばかりのせいか刺激の無い演奏会は何だかなあと言うのが正直な感想。


下手から第一、第二ヴァイオリン、チェロ、ビオラと言う配置を見るのは久しぶり。