国際多肉植物協会 サボテン多肉植物ビッグバザールに行ってきました。 | コタブロ日記   多肉植物・ヤシ・蘇鉄・猫好き集まれ~!! 

コタブロ日記   多肉植物・ヤシ・蘇鉄・猫好き集まれ~!! 

主に植物の話を中心に、旅行や美味しいもの情報などを気まぐれに書き込んでいきます。

予定通り、今日は国際多肉植物協会 サボテン多肉植物ビッグバザールに行ってきました。

天気は寒々しい雨のち曇りでしたが、そんなのおかまいなしの会場は今日も熱気に包まれていました。

ま、百聞は一見にしかず。
ごちゃごちゃ語るよりも写真をたっぷりと見ていただきましょう。

 ヤフオクでもおなじみのM氏の多肉は、いつ見てもきっちり作り込まれていますね。
ハウォルチア栽培のお手本です。

 
 
アドロも良いところのが揃ってます。




 
リトップスは脱皮の真っ最中ですね。



 
若手の業者さんも奮闘されていました。
品揃えは、すでに一級品ばかりです。


 



 
今回一番驚いたのがこれ。
これ全部ソルディダの実生苗ですよ。
こんなのがあと2パットありました。
なんでもマニアの方の温室が震災で被害にあって、一気に放出されたのだとか。
更に驚いたのは、ほぼ一人の方が全部買って行ったとのこと。
一個単価の値段を考えると恐ろしい数字がはじきだされそうなので、怖いからやめにしておきます。




 



 



 



 
大粒の『紅帝玉』


 
 
 


 
白磁レンズ万象はいつ見ても美しい。
 


 ロゼット10cm程もある『月光』。
どうやったらこんなに立派に作れるんだろ。
 

 
こちらはスミシーのとても立派な株。
これも綺麗に大きく育てるのは技術が必要。
さすがです。
 



 
私が今回のバザールで一番気に入ったサボテン。
一目でやられました。 もちろん即購入。




 
 


 
 


 個人的に非常に気になったハウォルチア。
 


 アガベNo.1モンスター。
葉の裏側にまでノギが出ます。
我が家にあるのより立派です。




 今回も出展されていた、多肉植物をモチーフにした、一風変わったデザインのアクセサリーショップ。
 


 葉の質感など、マニアでも納得のリアルさを保ちつつ、一般の女性にも受け入れやすい絶妙なバランスで作り込まれたデザインは、センスの良さがうかがえますね。



 
菊水の綴化。





 上から見たところ。
普通、菊水の花は1個~3個?くらいだったと思いましたが、この株は綴化なので、花も生長点の分だけ咲きます。
綺麗ですね。




 
 見事な銀牡丹の群生株。




 
 エニグマってちゃんと作ると、こんなに赤くて綺麗なんですね。
この冬に知人の方からいただいたので、今後が楽しみになりました。




 
モナデニウム・エキユニウツム?っと書いてあった、不思議な花の咲くコーデックス。




 
かっこいい臥牛ですね。
ちょっと欲しかったですが、かなり高価でした。





 
アズテキウム・ヒントニーも買っちゃいました。
以前から買おう買おう思っていたのに買わずじまいだったサボ。




 
競りも行われました。
外国の方も加わり、けっこう熱いバトルが繰り広げられていました。
私も声をかけようとしましたが、あっという間に異次元の金額になっちゃいましたので、あえなく撃沈。




さて。

日頃私のブログにコメントをしてくださっている方々にもお会いすることが、今回のバザール参加のもう一つの目的だったのですが、なんとか無事にお会いすることができました。

一度も会ったことがないのに、初対面ですぐにお友達トークが出来るのは、趣味の世界の魔法ですね。
おかげで楽しい時間を過ごすことが出来ました。

あ、そうそう。
お会いした方に面白いものをいただいたのでご紹介しますね。

 
 藻玉(もだま)という豆科の植物の種子です。

なんでも幸運を呼ぶマメとして、アクセサリーに加工されていたりもするみたいです。

藻玉でヤフー検索してみたら、この豆のサヤは種子の大きさに比例して巨大で、一見するとサナダムシみたいにも見えるかも・・・なデザインでした。

このまま幸運のお守りとして持っていたい気もしますが、植物マニアとしては、あの禍々しいサヤを見てみたい気もしますね。

温室に植えてみちゃおうかな。
それも楽しそう。

貴重なものをいただきありがとうございました。(^^)
またどこかでお会いしましょうね。